LIVE配信・番組中継のハードルを激下げする、リアルタイムモザイクAIを開発

データアーティスト株式会社(本社:東京都港区、社長:山本 覚)は、社内研究プロジェクトによりリアルタイムモザイクAIを開発いたしました。

リアルタイムモザイクとは、動画を撮影しながらそのまま人物の顔部分にモザイク処理を実行し、動画保存を行う技術です。

人物の骨格検知AIを用いた画像解析により、正面だけでなく横向きも認識しリアルタイムに人の顔部分にモザイク処理を行うことができます。

この技術により、撮影後の編集負荷を削減できるだけでなく、人物非特定化への配慮が必要であったリアルタイム中継などの撮影ハードルを下げることが可能になります。
 

 

リアルタイムモザイク実用結果サンプルリアルタイムモザイク実用結果サンプル


使用想定シーン

・YouTubeなどのライブ配信において観衆の顔をモザイク化

・報道番組などの中継に映り込む人物の顔をモザイク化
天気予報、キャスターによるレポート、情報番組の店舗行列などの中継シーンを想定

・交通量調査などの調査映像に映り込む人物の顔をモザイク化

今後は放送局、番組制作会社、コンテンツメーカーなどを中心に技術提供を行っていく予定です。
 


https://www.youtube.com/watch?v=SP57VbT_NzU


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. データアーティスト (DA) >
  3. LIVE配信・番組中継のハードルを激下げする、リアルタイムモザイクAIを開発