「平成30年7月豪雨災害義援金」を寄付

STU48とせとうちDMOの共同プロジェクト 「かんばろう!瀬戸内」募金活動

せとうちDMO(※1)とSTU48、キングレコードは、平成30年7月豪雨災害により被害に遭われた地域の皆さまに向けて支援を行うため、共同して「がんばろう!瀬戸内」募金活動を実施しました。

7月19日から8月31日まで、インターネットでの募金活動としてせとうちDMOが運営するクラウドファンディングサイト“せとうちチアーズ”にて義援金を受け付け、その後も、STU48による街頭募金やチャリティコンサートの開催などで義援金を受け付けいたしました。皆さまからお寄せ頂きました義援金は、平成30年7月豪雨災害の復興支援を目的として、日本赤十字社を通じて被災者の方々へ届けられます。

なお、義援金の目録贈呈式を11月1日(木)に日本赤十字社広島県支部で以下の通り開催しました。

【活動内容】 

  • せとうちチアーズを活用したインターネット募金活動
  • 街頭募金やコンサート会場での募金箱設置
  • チャリティコンサートの開催及びその収益金の一部を寄付
  • 上記活動内容のほか、本活動趣旨に賛同された東北新社様による寄付も含まれます。


【義援金総額】

  •  総額9,303,792円 

 

<STU48コメント>

被害に遭われました皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。出演させていただく公演やイベントなど様々な場所で募金活動をさせていただき、数多くの方にご支援をいただきました。皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。これからも被災地の一日も早い復興を願い、自分たちにできることを考え活動してまいります。

 

<一般社団法人せとうち観光推進機構 事業本部長 村橋コメント>
この度の豪雨では、西日本に多くの被害がもたらされました。被害に遭われました皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。せとうちDMOは今後も、観光の力で瀬戸内及び西日本を元気にできるよう取り組んでまいります。

<株式会社瀬戸内ブランドコーポレーション 代表取締役社長 藤田コメント>
我々の募金活動に全国各地の皆さまの温かいご協力を頂きましたことをせとうちDMOより心から感謝申し上げます。お寄せいただいた義援金は、日本赤十字社を通じて被災者の皆さまにお届けします。被災地の1日も早い復興をお祈り申し上げます。

【目録贈呈式開催概要】
■日時
2018年11月1日(木)13:00~13:30
■会場
日本赤十字社 広島県支部 3F会議室(広島市中区千田町2丁目5-64)
■出席者
STU48メンバー 瀧野由美子・土路生優里
一般社団法人せとうち観光推進機構  事業本部長 村橋 克則
株式会社瀬戸内ブランドコーポレーション 代表取締役社長  藤田 明久

【当日の模様】

 

 

※1せとうちDMO
官民が参画する一般社団法人せとうち観光推進機構と金融機関・域内外の民間企業が参画する株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションで構成。DMOはDestination Marketing/Management Organizationの略。観光需要の創出と商品やサービスの供給体制の強化を行いながら、多様な関係者とともに持続可能な観光地域づくりを推進している。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. せとうちDMO >
  3. 「平成30年7月豪雨災害義援金」を寄付