【新講座】育児中の母親との関わり方を、具体例と実践で紹介

妻の気持ちを理解したい夫、母親になった社員を抱える企業、地域ボランティアなどが対象

新講座名:「ママ解放区」ファシリテーター養成講座
概要:母親の状況を理解し、サポートをする役割としてのファシリテーションを学ぶ内容。双方(母親とその周りにいる人たち)の感じ方や求めていることを具体事例を参考にしてリアルな声を伝える。また、母親の現状を知ることで良好なコミュニケーションを図ることが目的。2018年11月から本サービスを開始した。
 

 


■新講座の開発について
「ママだからこそ、花開く人生を。」
このことを理念に掲げて活動をしてきた一般社団法人ブルーミング・マムは、2009年に支援活動をスタートさせて以来、さまざまな母親の現状を目の当たりにしてきた。まず、第一子を妊娠することで「こころ」「身体」「環境」は変化し、出産することで戸惑い悩む女性のコミュニティ(交流会)を継続して開催している。

男女平等と言われ教育を受ける機会にも恵まれる中、女性は子どもを産む「性」というだけで自己実現を諦めるというのは難しく、時代にもそぐわないと感じる現状から今回の講座開発につながった。
妻・母・嫁・娘としての立場や、個人として社会と関わりながら、自己成長を求める現代女性のもどかしさ。
男女の違いを認めながらも、子どもをパートナーや社会と共に育てていくという本質的な部分を母親の気持ちに寄り添い、周りの人たちの感じ方を共有しながら、その時々の解決策を見出すヒントとして実際の声を反映したものをテキストにも盛り込んだ内容になっている。

また、新宿区内で月1回「ママ交流会」を4年間継続して開催し、この交流会が「ママ解放区」として、全国でもその地域の母親同士の交流の場として、コミュニティが生まれて欲しいという想いを込めた。お互いを尊重し合いながら、集い、語り合える関係性を地域・会社・組織で築く上で必要な要素としてファシリテーターの存在が重要であることに注目。
この「ファシリテーター養成講座」は、母親や女性だけでなく、男性や企業、これから親になろうとする人たちが受講することで、母親の気持ちの変化、何を求めているのかなど想像することでミスコミュニケーションを軽減することが最大の目的として開発された。

 


■「ママ解放区」ファシリテーターとは
交流会に参加する母親達が心地よく過ごせるよう、その場の状況を調整する役割。その場の言葉や、空気を感じながら、参加の母親たちの心を解放させる助けをする立場で、何かを決定するのではなく中立なポジションで進行をする役割。また、本講座を受講することにより、母親の状況を知ることで良好なコミュニケーションが図れることを目的としている。

<対象・個人及び企業>
・企業で子育て中のママと共に働く方
・育児/母親支援をしたい方
・女性が企業(社会)の戦力だと考える方
・母親の気持ちを知りたい方
・母親の気持ちを理解したいと思う父親 など

■カリキュラム詳細
<約4時間+自主学習>
■ ファシリテーターとしての役割・話し方・心がけ
■ 育児中の母親の現状
■ 妊娠・出産・育児について
■ 参加ママとのコミュニケーション
■ 「傾聴」について
■ 感想発表

受講料:15,000円(消費税別)/1名
テキスト代・修了証込み

【講師プロフィール】
前田カオリコ
一般社団法人ブルーミング・マム 代表理事
株式会社リコラボ 代表取締役
1期・2期 新宿区子ども・子育て会議委員
2016/2017年度 新宿子育てメッセ 実行委員長

⬜ 団体概要
名称::一般社団法人 ブルーミング・マム
所在地:東京都新宿区西新宿8-3-1 西新宿GFビル1F株式会社リコラボ 内
発足:2013年12月
登記:2018年1月
代表者:前田カオリコ
会員数:約800名
新宿本部・八王子支部・長野支部・長崎支部・福島支部
URL: http://bloomingmom.jp 
※「ママ解放区」は登録商標です。

 


⬜ママ解放区 ファシリテーター養成講座
http://bloomingmom.jp/mom-project-facilitator

⬜本件の問い合わせ
広報担当:
越智 09050094893
前田 09023044028
E-mail: info@bloomingmom.com
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人ブルーミング・マム >
  3. 【新講座】育児中の母親との関わり方を、具体例と実践で紹介