ライブリッツ 「みんなのプロ野球情報ステーション『キューステ!』」をオープン!

~プロ野球選手の活躍や試合経過を、統計データとグラフやAI自動生成記事でお届けします~

ライブリッツ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:村澤 清彰、以下ライブリッツ)は、6月25日にプロ野球を様々なデータの面から楽しむウェブサイト「みんなのプロ野球情報ステーション『キューステ!』」(以下キューステ!※1)をオープンしました。サイトURLは https://sports-station.jp/ です。

 

みんなのプロ野球情報ステーション「キューステ!」みんなのプロ野球情報ステーション「キューステ!」

「キューステ!」は、ライブリッツが運営するプロ野球情報の提供サイトです。選手の打率、打点、防御率、チームの勝敗、貯金数などの基本的な成績に加え、AIがリアルタイムに自動生成する試合記事や、試合中に打席ごとに変動するチームの勝利確率など、「キューステ!」でしか見られないコンテンツが満載です。
また、OPS、BB/K、FIP、WHIPなどのセイバーメトリクス指標での多種多様な選手成績ランキング、1000本安打、1500奪三振など節目の記録へのカウントダウン、AIが査定した「その日活躍した選手」紹介といったコンテンツで選手一人ひとりの活躍に自然に注目する工夫をしているのが特長です。
試合を観戦しながら応援するチームのデータが変わる様子に一喜一憂したり、あまり知らなかった選手の魅力に気づいたりと、データの面からプロ野球の新しい楽しみ方を提案します。

選手のデータや日々の活躍をわかりやすく紹介選手のデータや日々の活躍をわかりやすく紹介

勝利確率グラフやAI記者が執筆する記事は試合中リアルタイムに変化勝利確率グラフやAI記者が執筆する記事は試合中リアルタイムに変化

記録を達成しそうな選手や、選手が達成しそうな記録を探して応援記録を達成しそうな選手や、選手が達成しそうな記録を探して応援

ライブリッツは、複数のプロ野球球団に対してIT戦略的パートナーとしてチーム強化システムや球団ビジネス強化システムの構築・運用をてがけています。2018年4月にはAI・IoTを活用した選手トラッキングシステム「Fastmotion」を構築し、日本球界では取得できていなかった守備や走塁動作等のデータ化に初めて成功しました※2。
プロ野球データは、ライブリッツが一般社団法人日本野球機構とともに開発し広く提供しているプロ野球データ利用基盤「NPB Baseball Data Innovation Platform※3」を活用し、1995年からの選手やチームの成績データをリアルタイムで加工し、グラフでわかりやすく表示しています。プロ野球データに関する知見と先端技術の経験を活かし、野球ファンがデータの面から野球を楽しめる新サービスを目指して「キューステ!」をオープンしました。

今後は、提供するデータの拡充やユーザー参加型のサービスを追加しながら、より楽しんでもらえるサイトづくりを進めます。
ライブリッツはこれからもITという切り口からプロ野球にとどまらず様々なスポーツの未来を創出していきます。

※1 商標申請中
※2 福岡ソフトバンクホークス ライブリッツ社の野球選手AIトラッキングシステムをチーム戦略に活用(2018年4月)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000032744.html
※3 日本野球機構と プロ野球記録の利活用基盤「NPB Baseball Data Innovation Platform(1.0版)」を構築(2018年7月)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000032744.html

■ライブリッツ株式会社
代表者:代表取締役 村澤 清彰
設立:2011年10月
事業内容:AI・IoTを活用したスポーツシステムの構築
URL:http://www.laiblitz.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ライブリッツ株式会社 >
  3. ライブリッツ 「みんなのプロ野球情報ステーション『キューステ!』」をオープン!