AIを活用した無人決済店舗の実証実験完了

12月14日(金)が最終営業日になります

東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:深澤祐二)とJR東日本スタートアップ株式会社(代表取締役社長:柴田裕)は、10月17日(水)から赤羽駅5、6番線ホーム上で、サインポスト株式会社(代表取締役社長:蒲原寧)が開発したAI無人決済システム「スーパーワンダーレジ」の実証実験を行ってまいりました。


本実証実験を通じて、多くのお客さまにご利用いただき、システムの精度向上や無人店舗の実用化に向けた課題の確認等、当初の目的を達成することができたため、12月14日(金)を無人決済店舗の最終営業日とさせていただきます。

今後は、実証実験の成果を踏まえながら実用化に向けて検討していきます。

▲店舗入り口の様子▲店舗入り口の様子

▲店舗内の様子▲店舗内の様子

▲決済ゾーンの様子▲決済ゾーンの様子

実証実験について
期間:2018年10月17日(水)から12月14日(金)
営業時間:10:00~20:00 ※平日のみ。土日祝は休み。
場所:赤羽駅5、6番線ホーム上特設店舗(東京都北区赤羽1丁目1-1)

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JR東日本スタートアップ株式会社 >
  3. AIを活用した無人決済店舗の実証実験完了