アボット、日本で新型コロナウイルスの抗体検査用試薬を研究用途として販売開始

- 本製品は、日本全国の病院や検査室で導入されているアボットの全自動分析装置ARCHITECT®アナライザーで使用するための検査試薬です。
- アボットは、抗体検査を含む診断薬・機器領域における世界的リーダーであり、新型コロナウイルスの検査試薬を欧米において既に複数、発売しています。
2020年5月8日 ― アボットジャパン合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長 天野 総太郎)は本日、新型コロナウイルス感染症の抗体検査用の研究用試薬を販売開始したことを発表しました。本製品は、新型コロナウイルス感染の既往を評価する、IgG抗体検出用の血清検査試薬です。日本全国の病院や検査室で導入されているアボットの全自動分析装置ARCHITECT® アナライザー  i1000SR*およびARCHITECT® アナライザー i2000SR**で使用できます。

今回の販売開始は研究用途に限定したもので、製造販売承認に基づくものではありません。本製品は、新型コロナウイルス感染症に対する最前線において、ウイルスを理解し、抗体検査の日本の医療における役割を明確化するために取り組んでいる、日本全国の主要な病院や検査室で使用されます。また、アボットでは、早期の製造販売申請ならびに承認に向けて、関係当局と緊密に連携しています。

PCR検査が感染の有無を調べるのに対して、抗体検査は感染の既往を調べます。アボットのSARS-CoV-2 IgG抗体検査は、血液中のIgG抗体を検出します。一般的にIgG抗体は、ウイルスの感染後期に体内で産生されるタンパク質で、回復してから数か月、場合によっては数年間、体内に持続します。なお、本製品は米国食品医薬品局(FDA)より緊急使用許可を、欧州連合よりCEマークを取得しています。

アボットジャパンの代表執行役員社長である天野 総太郎は、次のように述べています。「抗体検査により、新型コロナウイルス感染症について未だ解明されていない多くの情報が得られる可能性があります。私たちアボットは、診断薬・機器の世界的リーダーとして、新型コロナウイルス感染症と闘っている日本の医療に検査の領域で貢献し、新型コロナウイルス感染症に対する新たな検査試薬を一日でも早くお届けしたいと考えています。」

■アボットの診断薬・機器事業について

アボットは、長年にわたる感染症に対する検査の世界的リーダーであり、世界で初めてのHIV検査薬を開発するなど、常に検査における科学をリードしてきました。また、HIVおよび肝炎ウイルスに対しては、その変異を世界規模で追跡するチームを結成し、25年以上にわたってモニタリングしています。また、長年にわたって新たな病原菌を特定するための探索プログラムを運用し、新たな脅威に対する検査を開発しています。

■アボットについて

アボットは、人々が人生のあらゆるステージにおいて最高の人生を送ることができるようサポートするグローバルヘルスケアリーダーです。業界をリードする診断薬・機器、医療機器、栄養剤、およびブランド ジェネリック医薬品分野の事業および製品を含め、人々の生活に大きな影響をもたらす画期的なアボットの技術は、ヘルスケアの広範な領域にわたっています。現在、世界160カ国以上で、約107,000人の社員が活動しています。

アボット(www.abbott.com)、アボット ジャパン(www.abbott.co.jp)、リンクトイン(www.linkedin.com/company/abbott-/)、フェイスブック(www.facebook.com/Abbott)、ツイッター(@AbbottNews、@AbbottGlobal)も合わせてご参照ください。

* ARCHITECT® アナライザー  i1000SR(医療機器 届出番号12B1X00001000005)

**ARCHITECT® アナライザー i2000SR(医療機器 届出番号12B1X00001000004)

詳しくはこちらのプレスリリース(https://www.abbott.co.jp/media-center/press-releases/08-05-2020.html)をご参照ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アボットジャパン合同会社 >
  3. アボット、日本で新型コロナウイルスの抗体検査用試薬を研究用途として販売開始