Woven Capital、フリート事業のデジタル・トランスフォメーションを手掛ける米国Ridecell社に出資

IoTによる自動化の拡大によりMobility for Allの実現へ

グローバル投資ファンド、ウーブン・キャピタル(以下 Woven Capital)は、フリート事業のデジタル・トランスフォメーション及びIoTオートメーションのプラットフォーム企業、Ridecell, Inc. (以下 Ridecell)に出資を行いました。Woven Capitalは、トップクラスの安全性をもつモビリティの実現を目指すウーブン・プラネット・グループ(以下 Woven Planet Group)の投資機能を担っており、モビリティ、自動化、人工知能、データ・アナリティクス、コネクティビティ、スマートシティ等の分野における革新的なグロースステージの企業を対象とした、8億米ドル規模のグローバル・ファンドです。

Ridecellの自動化・モビリティプラットフォームにより、企業はテレマティクス、フリート管理、内部システムを統合的に確認することができ、そこから得られる情報を活用してビジネス・オペレーション及びワークフローを自動化できます。本プラットフォームを活用することで、ユーザーはデジタル・トランスフォメーションを促進するとともに、膨大な量のデータを活かして自動化・効率化されたビジネス・オペレーションを構築することが可能になります。

本投資に加え、Woven Planet GroupとRidecellは、今後モビリティ・サービスの分野にて、協業の機会を検討してまいります。

Woven Capital プリンシパル 加藤道子のコメント
Ridecellは、フリートのコネクティビティ及びワークフローの自動化を拡大し、モビリティ業界における重要なデジタル・トランスフォメーションを加速させる役割を担っています。Ridecellへの投資を通じて今後パートナーシップを検討できることを嬉しく思います。Woven Capitalは、今後も安心・安全、効率的かつシームレスなモビリティを可能とする革新的なテクノロジーに重点を置いた投資を行ってまいります。

Ridecell 創業者・CEO アージャブ・トリヴェディのコメント
Woven Capitalの投資は、Ridecellが新市場に拡大していく上で、戦略的に重要なものと考えています。オートメーションとデジタルなフリートコントロールを用いたRidecellのイノベーションを活用し、安全で安心なモビリティに向けてWoven Planet Groupと緊密に連携していけることを楽しみにしています。


Woven Capitalについて
Woven Capitalは、モビリティ分野におけるテクノロジーやイノベーションを生み出すグロースステージ企業に投資する8億米ドルのグローバル投資ファンドです。Woven Planet Groupのコーポレート・ベンチャー・キャピタルとして2021年に設立されました。Woven Capitalは、モビリティ、自動化、人工知能、データ・アナリティクス、コネクティビティ、スマートシティなどの分野を中心として、グローバルに投資を行います。

Woven Planet Groupについて
Woven Planet Groupは、トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社の事業を更に拡大、発展させるために、2021年1月、ウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社、ウーブン・コア株式会社、ウーブン・アルファ株式会社、ウーブン・キャピタルの新体制のもと、事業を開始しました。Woven Planet Group4社は、自動運転技術、ロボティクス、スマートシティなどの分野において、新しいイノベーションの創出とパートナーシップの拡充を通して、人々の働き方や暮らしを変えていきます。コネクティッド技術に支えられた安全なモビリティにより、地球(プラネット)上の人々に幸せを届け、ビジョンとして掲げる「Mobility to Love, Safety to Live」を実現していきます。

詳細はこちらをご参照ください。https://www.woven-planet.global/jp/

Ridecell(ライドセル)について
Ridecellはフリート事業におけるデジタル・トランスフォメーションを推進している企業です。RidecellのIoTによるオートメーションやモビリティプラットフォームは、データからのインサイトとデジタルなフリート車両制御を組み合わせ、既存のマニュアルな作業を自動化されたワークフローに変えることで、企業によるフリート事業の先進化・収益化を可能にします。これにより、シェアードサービス、社用車、レンタカー、物流車両の効率を大幅に改善し、デジタルでコントロールできるようになります。
Ridecellは米国・欧州で、AAAのGig Car Share等、様々なフリート事業に活用されています。Ridecellは、サンフランシスコを本拠地とし、マドリッド、パリ、ベルリン、インドのプネにオフィスを構えています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社 >
  3. Woven Capital、フリート事業のデジタル・トランスフォメーションを手掛ける米国Ridecell社に出資