空飛ぶクルマを開発する日本チームのテトラが世界大会でファイナル進出!!

テトラ(teTra)はいわゆる空飛ぶクルマと呼ばれるエア・モビリティの開発コンテスト「GoFly」において世界885チーム103か国からのエントリーから最終24チームに選ばれ、最終飛行審査に挑みます!

テトラ・アビエーション株式会社で開発したeVTOL航空機が2018年から取り組んでいる一人乗り航空機開発コンテスト「GoFly」の最終飛行審査Final Fly Offに進みました。2/27-29に米国エイムズ研究センターにて実際に飛行させます。teTraは日本から唯一残っているチームです。当日の模様は主催者からYouTubeで配信される予定ですので、ぜひ応援してください!

コンテスト終了後もこの航空機の開発を通じて、人が安全に、そして自由に空中を移動する社会を実現します。単に利便性を向上させるだけでなく人と技術と産業が活発に交流する新しいまちづくりに貢献します。

 

開発中のteTra3とプロジェクトメンバー開発中のteTra3とプロジェクトメンバー

 

2018年から2年に渡って行われている一人乗りエア・モビリティ開発コンテスト「GoFly」の最終飛行審査が2020年2月27日から29日にかけていよいよ行われます。


「teTra」は「GoFly」に参加するために東京大学博士課程に在籍する中井佑をリーダーとして結成された日本発のプロジェクトチームです。
「GoFly」は米国ボーイングが後援する賞金総額2百万ドル(約2億円)の1人乗りエア・モビリティの開発コンテストで、2017年9月からエントリーが開始され、これまでに103か国855チームが参加してきました。その中から選ばれた24チームによる「GoFly」の最終飛行審査がアメリカベイエリアのNASAエイムズ研究センターで開催されます。「teTra」は日本からの唯一のチームです。


「teTra」は2018年6月の第1次審査にてアジア勢で唯一の世界トップ10に選出されました。その後2019年3月に第2次審査を通過し、この度最終飛行審査出場が決定いたしました。当日は各チームが開発した航空機を実際に飛行させて優勝を争います。
開発する航空機はコンテスト用に特別な飛行許可を得ているのではなく、eVTOLとして既存の航空機許認可に沿って許認可手続きをしています。「teTra」は現在FAA(アメリカ連邦航空局)からの飛行許可取得に向けた更なる実証実験などを進めています。

2月27日から29日のGoFly Final Fly Offの模様は主催者から動画の配信が行われる予定です。ぜひ応援してください!
参考:主催者アカウントによる第1次審査通過時のYouTube


イベントスケジュールや他のチーム情報などはGoFly公式サイトをご覧ください。
https://goflyprize.com/final-fly-off/


「teTra」は新たな価値観で繋がった精鋭集団と、それを応援してくれる様々な人々のコミュニティーを含む、プロジェクトチームです。「teTra」のプロジェクトを応援していただけるメンバー、スポンサーを随時募集しています!
お気軽にご連絡ください。
https://www.tetra-aviation.com/
Twitter: @teTra_aviation

(※)GoFlyに関するお問い合わせはGoFly事務局までご連絡ください。
http://www.goflyprize.com
(※)teTraに関するビジネス・法人のお問い合わせはテトラ・アビエーション株式会社までご連絡ください。
https://www.tetra-aviation.com
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. テトラ・アビエーション株式会社 >
  3. 空飛ぶクルマを開発する日本チームのテトラが世界大会でファイナル進出!!