現代バイオ、ニクロサミド薬物再創出の先頭走者であることを立証

・再創出の糸口をつかんだ論文、SCI級国際学術誌に初登載
・再創出の核心「DDS源泉技術」全世界特許出願
・「新型コロナウイルス感染症の変異ウイルスも抑制可能」期待
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に治療効能が優れているとされる駆虫剤「ニクロサミド」の薬物再創出を実証した韓国内バイオ企業の研究論文が世界的名声のSCI(科学技術論文引用索引)級国際学術誌に紹介され、国際的注目を集めている。


KOSDAQ上場企業である現代バイオ(048410)は、8日、大株主のCNPharmが源泉技術である薬物伝達体(DDS)を活用してニクロサミドの薬物再創出を立証した研究論文が高分子科学分野で世界的権威の学術誌として挙げられる「ポリマーズ(Polymers)」に最近登載されたと発表した。CNPharmは、ニクロサミド薬物再創出関連DDS技術を全世界に特許出願している。

ニクロサミドは様々な疾患に効能があることが明らかにされたが、各種の実験結果で薬物再創出を実証した論文がSCI級の国際学術誌に掲載されたのは今回が初めてだ。現代バイオの親企業であるCNPharmが先頭走者としてニクロサミド薬物再創出の道を開いた点を国際医薬界が認めたわけだ。これにより、CNPharmが開発した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)経口制CP-COV03に向けた国際的関心もさらに高まるものと見られる。

「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療のためのニクロサミド-クレー結合物質の生体利用率増加」という題目の論文で、ニクロサミドにCNPharmの陽イオン性無機物基盤薬物伝達体(DDS)を活用した経口製剤型の生体利用率が既存の駆虫剤型のニクロサミド(yomesan)より60%上昇したという実験結果も公開された。


現代バイオ関係者は「ニクロサミドの薬物再創出のための生体利用率改善が論文を通して国際学術誌に公開されたのは初めて」とし「CNPharmは伝達体源泉技術で薬物再創出の糸口をつかんだ先導企業として、ニクロサミドを新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の他にも転移の癌、耐性の癌など様々な難治性疾患に適用できるよう再創出範囲を拡大していく方針」と述べた。特に最近、国際社会の憂慮されている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の変異ウィルスもCNPharmの薬物伝達体を活用したニクロサミドの薬物再創出で抑制できるとみて、後続研究が進められていることを明らかにした。

バイエル社が1958年に出した「ニクロサミド」は、韓国パスツール研究所(Institut Pasteur Korea)が昨年4月、世界の主要薬物48種のうち新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療剤の1位候補に選定するほど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をはじめとする各種のウイルス疾患はもちろん、耐性の癌、転移の癌など難治性疾患を治療できる候補薬物として知られている。しかし、駆虫剤の特性上、体内吸収率と低すぎる血中有効濃度の半減期という二つの難題が、数十年間、ニクロサミドの薬物再創出を妨げる障害物として作用した。


現代バイオはCNPharmの源泉技術である伝達体を基に、昨年ニクロサミドの吸収率および半減期を画期的に改善したことに続き、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)経口用治療剤「CP-COV03」を開発、世界第1号の「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療用経口剤」を目標に現在臨床試験を準備している。CP-COV03は最近、動物効力実験で1回の投薬時に12時間以上ウイルス活性を100%抑制する血中有効薬物濃度(IC100)を維持するのが世界で初めて確認され、コロナ禍を終息させる「ゲームチェンジャー」の有力候補に挙げられている。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CNPharm >
  3. 現代バイオ、ニクロサミド薬物再創出の先頭走者であることを立証