平成30年度川崎市都市ブランド推進事業 プロレスで社会貢献を!リング・会場運営で障がい者を雇用『プロレスリング・ヒートアップとどろきアリーナ大会~川崎大炎上シリーズ・とどろきの乱~』開催!

2018年10月31日(水)開場17:00/試合開始18:00 とどろきアリーナにて

川崎市では、市の強みや魅力を市内外に広く強力にアピールしていくこと等を目的とした事業を公募し、選定された事業に対し助成金や広報等の支援を行っています。
その一環として、プロレス団体「ヒートアップ」が10月31日(水)に川崎市とどろきアリーナにて『プロレスリング・ヒートアップとどろきアリーナ大会~川崎大炎上シリーズ・とどろきの乱~』を開催いたします。
この大会は、 “プロレスで社会貢献”を掲げ、障がい者支援や青少年育成、地域活性化に力を注いでいるプロレス団体「ヒートアップ」が、川崎市と強力なタッグを結成し、川崎の魅力を全世界に発信するプロレス大会です。


















 

  • Pick UP POINT!

【ポイント①】障がい者支援
リング・会場運営に約30人の障がい者を雇用&障がい者手帳を持っている人は自由席への入場無料
【ポイント②】青少年育成
高校生以下の招待を実施。プロレスリング・ヒートアップの大会すべてで高校生以下は入場無料
【ポイント③】往年のレスラー(レジェンド)の参戦
かつてお茶の間を賑わせていた「金曜夜8時」の時代。その時代から今も現役を続けているプロレスラーたちが参戦!
 

  • ポイント詳細

«障がい者支援»
プロレスリング・ヒートアップでは、大きな大会を開催する際、障がい者の皆さんを雇用し、経済的支援を行っています。内容は、会場設営・リング設営補助・チラシ配布・チケットもぎり・会場案内等のお仕事をお願いしています。時給1,000円、5時間の労働になり、川崎市の障がい者施設に募集をかけ、今回は約30名を雇用します。今回のこの大会も障がい者の皆さんと共につくる大会を目指しています。
また、障がいのある方の招待を行い、明日への活力、挑戦する素晴らしさを伝えていきます。
障がい者手帳をお持ちの方は入場無料(自由席)となります。

«青少年育成»
高校生以下の招待を行います。プロレスリング・ヒートアップの大会すべては高校生以下の入場が無料(自由席)となります。
また、目標を持つ大切さを伝えるため、ヒートアップ道場に通うキッズ(小学生)の発表会を1試合行います。相手は講師を務める田村和宏先生と近藤“ド根性”洋史先生です。










«往年のレスラー(レジェンド)の参戦»

かつてのお茶の間を賑わせていた「金曜夜8時」の時代。テレビに釘付けになっていたお父さんも多いはず。その時代から今もなお現役を続けているプロレスラーが参戦します!

TAMURAとタッグチャンピオンに君臨する“炎の飛龍”藤波辰爾選手の防衛戦が決定している他、“関節技の鬼”藤原喜明選手、“東北の英雄”ザ・グレート・サスケ選手、“天才レスラー”井上京子選手。
いずれも劣らぬビッグネームの登場には心踊らされます。
 

«川崎の魅力をPR»
とどろきアリーナロビーにて川崎市の魅力を伝える「川崎万博」を開催します。
川崎万博では川崎にちなんだ写真などを展示します。また、川崎市の飲食や障がい者施設の出店を行います。

«全世界に川崎を配信»
川崎市の魅力を全世界に発信するため、全試合を生ネットライブ配信します(YouTubeにて)。
 

  • イベント概要

名称 :プロレスリング・ヒートアップとどろきアリーナ大会
日時 :2018年10月31日(水)開場17:00/試合開始18:00
場所 :川崎市とどろきアリーナ(神奈川県川崎市中原区等々力1-3)
URL : https://heat-up.biz/event181031/
主催 :プロレスリング・ヒートアップ株式会社
後援 :川崎市教育委員会、川崎市健康福祉局、中原区商店街連合会
協力 :NPO法人ファンズアスリートクラブ、株式会社クレイフィールド、こすぎの大学、
    武蔵小杉ライフ、Common Life、株式会社日本エレクトライク、HEAT-UP 応援隊

HEAT-UPとは
川崎市多摩区で生まれ育ったプロレスラー、田村和宏が創った団体。「プロレスで社会貢献」を掲げ、障がい者支援や青少年育成、地域活性化に力を注ぎ続けている。
【設立目的】
日々の訓練を通して相手を思いやる健全なる人材(レスラー)を育成。困難にも諦めず挑戦することで、たくさんの方に明日への活力を伝えていき社会に貢献できる団体を目指す。今まで培ってきた経験を活かし、地元川崎をプロレスで盛り上げたいとの思いで田村和宏を主軸とし立ち上がった。
【団体訓】
選手、スタッフのみならず、観客を巻き込んで熱くヒートアップできるような興行を目指す。そのために、怪我、事故なく最後まで諦めずに全力でプロレスを楽しむ。

【会社概要】
社名:プロレスリング・ヒートアップ株式会社
代表:代表取締役 田村和宏
設立:2012年12月18日
住所:川崎市多摩区枡形5-22-17

【田村和宏(リングネームTAMURA)について】
1980年2月5日川崎生まれ、多摩区で育つ。小学生の時に両親が離婚。中学生からは新しい韓国人の母親、父、ダウン症の姉と暮らし始める。家では日本語と韓国語が飛び交い、学校ではダウン症の姉がからかわれるのを目の当たりにしてきたが、「プロレスがあったから道を外れることなく、ここまでやってこられた」とプロレスに熱中した。2003年9月からpwc北沢タウンホール大会でデビュー、2012年12月18日にプロレスリングHEAT-UPを設立した。
ある日、姉の時給が30円ということを知り、障がい者雇用、支援活動を始める。また、自らの経験から、目標を持つ大切さを伝えるため、すべての大会を高校生以下の入場無料にしている。青少年育成にも力を入れ、「プロレスで社会貢献」が団体コンセプト。
得意技はミノルスペシャル、トライアングル足四の字固め、バズソーキック。身長160cm。体重70kg。
 

  • 川崎市都市ブランド推進事業とは

【事業概要】
川崎の強みや魅力を市内外に広く強力にアピールして、川崎の都市イメージの向上や市民の川崎への愛着や誇り(シビックプライド)の醸成につなげていく事業です。市から選定された事業は、市の助成金や広報等の支援が受けられます。
【対象事業】
(1)かわさきパラムーブメントに関連するもの
かわさきパラムーブメント…東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、
障害のある人などが生き生きと暮らす上での障壁となっている私たちの意識や社会環境のバリアを取り除く
ことや、新しい技術でこれらの課題に立ち向かうことを「ムーブメント」として展開していく取り組み。
(2)地域の魅力作りや地域ならではの魅力の発掘につながるもの
(3)川崎の魅力の情報発信につながるもの
(4)イベントなど集客や情報発信、地域の活性化につながるもの
(5)川崎の魅力に関連してブランドメッセージを活用し、普及や情報発信につながるもの
(6)その他川崎市の都市ブランドの推進につながるもの

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 川崎市 >
  3. 平成30年度川崎市都市ブランド推進事業 プロレスで社会貢献を!リング・会場運営で障がい者を雇用『プロレスリング・ヒートアップとどろきアリーナ大会~川崎大炎上シリーズ・とどろきの乱~』開催!