広島ゲストハウス縁と三原在住のアーティストがコラボ!【三原ベッドROOM】を作るプロジェクトが始動します!

広島ゲストハウス縁 第3弾企画【三原ベッドROOM】

「広島県全23市町を繋ぐ拠点」に!三原在住のアーティストが、広島市内のゲストハウス「縁」と「三原」を繋ぎます。
  • 「広島県全23市町を繋ぐ拠点になりたい」

広島市西区横川町に2017年6月にオープンした、「ゲストハウス縁」広島市西区横川町に2017年6月にオープンした、「ゲストハウス縁」

 

 

広島市西区横川町に2017年6月にオープンした、「ゲストハウス縁」は、「広島県全23市町を繋ぐ拠点になりたい」と、広島県の全23市町の雰囲気やイメージを伝えるベッドを作ろうとしています。今まで、大竹市の「大竹和紙」や、熊野町の「熊野筆」など、各市町の特産品で装飾をあしらったベッドを作ってきました。

  • 第3弾企画 三原在住アーティストとコラボした【三原ベッド】プロジェクトが始動

 

第3弾として、広島県三原市在住のアーティスト「シマムラヒロシ」氏と協力して【三原ベッド】を作ります。立ち上がりは2018年8月、同年10月末には完成予定です。

 

 

22歳でバルセロナに渡西し、13年間バルセロナに滞在しアート活動を行う。スペイン国内外でアート活動やイベントデザインを行う。現在は、広島県三原市に住み、作品づくりのほか、アートイベントなども開催している。22歳でバルセロナに渡西し、13年間バルセロナに滞在しアート活動を行う。スペイン国内外でアート活動やイベントデザインを行う。現在は、広島県三原市に住み、作品づくりのほか、アートイベントなども開催している。

三原市の魅力を伝えるため、ゲストハウス縁・三原市・シマムラさんと3者で打ち合わせを行い、三原市最大のお祭り「やっさ祭り」をコンセプトにすることが決定しました。

三原やっさ祭り 西日本豪雨の影響で延期されていた第43回三原やっさ祭りの日程は11月3・4日に決定三原やっさ祭り 西日本豪雨の影響で延期されていた第43回三原やっさ祭りの日程は11月3・4日に決定

観光客は、主要観光地の広島市や宮島・呉などしか知らないことが多いのが現状です。【三原ベッド】に泊まることによって、「三原市」を知り、「行ってみたい」と思ってもらい、行く末は「住む」という形にも繋がっていけば、と期待しています。

シマムラ氏と三原市との協議シマムラ氏と三原市との協議

シマムラ氏と広島ゲストハウス縁シマムラ氏と広島ゲストハウス縁

三重県に生まれ、22才で渡西。 バルセロナのアートスクールで彫刻を専攻。以降、13年間バルセロナに滞在。スペイン国内外でアート活動やイベントデザインを行う。

主な活動内容として、タイヤメーカーのミシュランやEL BULLI(世界一予約が取れないレストラン)への作品の寄贈や、BAC(バルセロナ国際現代アートフェスティバル)の創立に関わり、日本側のコーディネイターとしても活動した。アルゼンチンでは、国際フェアの会場内ブースデザインなども手掛ける。

現在は、広島県三原市に住み、作品づくりのほか、アートイベントなども開催している。
■作品の一例

 

 

 

 2017年4月に広島市西区横川に1階の飲食店、同年の6月、2階にゲストハウスをオープン。

 「広島の中心部と海と山の自然をつなぐ、旅の拠点」として、飲食では広島県内の食材を中心に提供し、宿泊では23市町の名前を付けたベッドで広島の魅力を発信。

オーナーの正垣紅さんは、ゲストハウスをオープンする前に広島市西区観音で「シェアハウス恩」を行っていた際に、広島市佐伯区湯来町や大崎上島町の仲間ができ、限界集落で頑張っている仲間の住む町へ人を送りたいと思い、ゲストハウスを作ろうと指向する。

その後、ゲストハウスの改装工事中の2016年12月に「勝手に23市町サミット」というイベントを開催。その時に広島市全23市町で活動している人達が偶然にも集まり、各市町で頑張っている人がたくさんいることに感銘を受けた。ゲストハウス23市町のベッドを作り、各市町を知ってもらいたいという思いが芽生え、現在も仲間や各市町の人達と協力して23市町のベッドの制作を目指す。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 三原市役所経済部観光課 >
  3. 広島ゲストハウス縁と三原在住のアーティストがコラボ!【三原ベッドROOM】を作るプロジェクトが始動します!