メイベリン ニューヨーク、 NPO法人BONDプロジェクトとのパートナーシップを締結

若年女性のメンタルヘルス支援プログラム「BRAVE TOGETHER(ブレイヴ トゥギャザー)」を発表

世界最大の仏化粧品会社ロレアルグループ(本社:パリ)の日本法人である日本ロレアル株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長 ジェローム・ブリュア)のメイクアップブランド「MAYBELLINE NEW YORK(以下、メイベリン ニューヨーク)」は、10代20代の心の悩みを抱える女の子たち(以下「青少年」)の支援団体「特定非営利活動法人BONDプロジェクト(以下、BONDプロジェクト)」(所在地:東京都渋谷区/代表者 橘 ジュン)とのパートナーシップを締結しました。本プロジェクトは、メイベリン ニューヨークを展開する各国が取り組む、若年女性のメンタルヘルスを支援するプログラム「BRAVE TOGETHER(ブレイヴ トゥギャザー)」の一環であり、青少年の社会回復支援として実施します。

 

​ 現在、メンタルヘルス(心の健康)は日本のみならず、世界各国で大きな健康問題の1つになっております。米国の調査によると、精神疾患を患う成人の半数は10代半ば(14歳)までに、4分の3が20代半ば(24歳)までに発症することが報告されています[1]。日本においても、精神疾患の生涯有病率は18~19%と推計され、これは日本人の約5人に1人が生涯の中でいずれかの精神障がいを経験する計算になります[2]。

 このような状況を受けメイベリン ニューヨークは、若年女性の内に秘めた可能性を最大限発揮できる社会の実現を目指し、ブランドのイニシアティブとして、10月15日付でメンタルヘルス支援プログラム「BRAVE TOGETHER」を発表しました。メイベリン ニューヨークのブランドDNAである「メイクの力で女性を輝かせ、自信を与える」のもと、メンタルヘルス不調への偏見を取り除き、誰もが活き活きと自分らしく生きられる世の中にしたいという強い想いを体現すべく、ブランドを展開する各国にて各種プログラムを開始します。

 現在も続く新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な危機は、多くの人々に精神的なストレスをもたらしています。メイベリン ニューヨークはいち早くこの課題に取り組み、一人でも多くの方のメンタルヘルスのサポートに繋がればと考えております。
今後日本においては、メンタルヘルスケアに関する認知度向上支援及び、BONDプロジェクトがサポートする青少年の社会回復支援に取り組んでまいります。

<BRAVE TOGETHER 紹介ページ> https://bit.ly/3dqViGO

  • メンタルヘルス支援プログラム「BRAVE TOGETHER(ブレイヴ トゥギャザー)」詳細

日本においてはBONDプロジェクトとパートナーシップを締結し、メンタルヘルスケアに関する認知度向上支援として、メンタルヘルス啓蒙イベントの共同開催を予定しております。また、BONDプロジェクトがサポートしている青少年の社会回復支援として、メイベリン ニューヨーク製品の寄付やメイクアップセミナーの開催、SNSでのメイクアップ動画の配信等を行います。
各国においては、世界中で活動する主要なメンタルヘルスの支援団体へ、今後5年間で1,000万米ドルの投資を行う予定です。

▌BRAVE TOGETHER グローバルサイト https://www.loreal.com/en/news/brands/maybelline-brave-together/

  • 特定非営利活動法人BONDプロジェクト

問題を抱えた青少年が、就業、生きがい、社会参画できる機会を提供し、青少年の健全育成を図ることを目的に2009年に設立したNPO法人。東京都渋谷区を拠点に活動。
ドメスティックバイオレンス等により、帰る場所の無い、又は自宅が精神的な拠り所となりえない青少年の保護を行い、人間関係の不信感に対するメンタルケアやカウンセリングを実施している。

▌BONDプロジェクト代表 橘ジュンさん

​NPO法人BONDプロジェクト代表、ルポライター。2006年、パートナーのカメラマンKENと共に、街頭の女の子の声を伝えるフリーマガジン「VOICES」を創刊。
これまで少女たちを中心に3,000人以上に声をかけ、聞いて、伝えつづけてきた。
2009年、10代20代の生きづらさを抱える女の子を支えるNPO法人BONDプロジェクトを設立。虐待、家出、貧困など様々な困難を一人で抱えてしまう女の子に寄りそう「聴く、伝える、繋ぐ」を活動中。その日、行き場所のない今、困っている目の前の女の子のために街のパトロールや自主的に保護の活動も行なう。
「動く相談窓口」として、出会いを求め、全国各地を飛び回っている。
TV、新聞などメディアでも多数活動を紹介されている。

著書:『漂流少女 ~の街に居場所を求めて~』(太郎次郎社エディタス)、『VOlCES~キミの声を伝える~』(グラフ社)、『最下層女子高生~無関心社会の罪~』(小学館新書)
 

​▌BONDプロジェクトサイト https://bondproject.jp/
 

参考文献
[1] Kessler, R. C., et al. (2005, 06). Lifetime Prevalence and Age-of-Onset Distributions of DSM-IV Disorders in the National Comorbidity Survey Replication. Archives of General Psychiatry, 62(6), 593.
[2] Kessler, R. C., et al. (2007). Lifetime prevalence and age-of-onset distributions of mental disorders in the World Health Organization’s World Mental Health Survey Initiative. World Psychiatry 6: 168-176.

#メイベリン #MAYBELLINE NEW YORK #BRAVE TOGETHER #BONDプロジェクト

<MAYBELLINE NEW YORK>
1914年、NY生まれ。ニューヨークのスタイルと遊び心。
カワイイもカッコイイも、なりたい自分を思いのままに表現することができるメイクを提案。
女性の強さを最大限に引き出し、そして保守的ではなく革新的。あふれるほどの可能性を、あなたのメイクアップに。

▌MAYBELLINE NEW YORK ブランドサイト▸https://www.maybelline.co.jp/makeup-trends/bondproject
▌@maybelline▸https://www.instagram.com/maybelline
▌@LoveMaybelline▸https://twitter.com/LoveMaybelline

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本ロレアル株式会社 >
  3. メイベリン ニューヨーク、 NPO法人BONDプロジェクトとのパートナーシップを締結