車中泊スポットのシェアリングサービス「Carstay(カーステイ)」ライフタイムベンチャーズ、原田大作氏から約3千万円を資金調達

令和時代の新しい旅と暮らし「VAN LIFE(バンライフ)」の日本初プラットフォームへ

Carstay株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮下 晃樹)は、ライフタイムベンチャーズ(本社:東京都港区、代表パートナー:木村 亮介)及び原田大作氏(株式会社メルカリ)から約3千万円の資金調達を実施したことを発表いたします。

 
  • 令和時代に「車中泊」は「VANLIFE」にアップデートされる
Carstay株式会社は、「快適な移動と感動体験を創出する」ことをミッションに掲げ、2019年1月に車中泊・テント泊スポットのシェアリングサービス「Carstay」の提供を開始しました。社会問題化している車中泊のマナー周知に努めながら、現在100拠点を超える全国のスポットを、周辺地域の観光資源とともに多言語で案内しています。(https://carstay.jp/

アウトドア人口の増加、訪日外国人のレンタカー利用者の増加、”多拠点居住”文化の浸透、そしてシェアリングサービスの普及に伴い、「Carstay」へのお問い合わせも増加し続けております。そして、これから令和時代の到来と共に、「車中泊」という一行為から、欧米諸国でムーブメントとなっている、車を通じた旅や暮らしにより人生を豊かにする「VAN LIFE(バンライフ)」という新しいライフスタイルへの変革に伴い、日本初の「VAN LIFE」プラットフォームの提供を予定しています。

この度の資金調達では、フロントエンドエンジニアの採用強化により、「旅の計画」「車の手配」「体験の予約」「宿泊拠点の確保」を一気通貫で実施できるプラットフォーム「Carstay」を構築し、さらなる成長を通じて、ミッションである「快適な移動と感動体験を創出」の実現を目指します。
 
  • 投資家からのコメント
□ 木村 亮介氏(ライフタイムベンチャーズ 代表パートナ-)
“国内アウトドア観光市場・訪日外国人向けのインバウンド観光市場が盛り上がりを増すなか、2020年の東京オリンピック後を見据えた今後のさらなる市場発展の鍵を握るのは、中国人観光客の方から「洗肺(シーフェイ)できる桃源郷」とも呼ばれ人気が高まる地方部です。Carstayによって、ご当地の四季と関連した自然やアクティビティへのアクセスが提供されること、地方部出身のVCとして心より楽しみにしています。”

□ 原田 大作氏(株式会社メルカリ)
“幼少の頃に家族と車中泊で日本中を旅していました。今でも高齢の母が車中泊で一人旅をしているのですが、いつも困っているのが満足な駐車場所が探しにくいこと。ニッチなニーズですが、EV自動運転の時代を見据えたMaaSや民泊のプラットフォームになりえると思い応援します。”
 
  • シェアリングサービス「Carstay」について
「Carstay」は全国各地に点在する駐車場や空き地を車中泊・テント泊スポットとして旅行者に貸し出すシェアリングサービスで、旅行者は「Carstay」を利活用することで車中泊・テント泊スポットを検索・予約・決済し、滞在・宿泊することができます。また、「Carstay」利用の際、追加料金なしで、ホスト側(空き地所有者)には設備不良による利用者の怪我や騒音等、またゲスト側(利用者)には設備の破損や他の利用者に怪我をさせた場合等の際に発生する賠償責任を補償する、三井住友海上が提供する「車中泊保険」が自動付保されます。(https://carstay.jp/

  
  • Carstay株式会社について
Carstay株式会社は、2018年6月に創業した、「MaaS(Mobility as a Service)」領域において、車中泊スポットのシェアリングサービスの提供を行うスタートアップ企業です。今後は、車を通じた旅や暮らしにより人生を豊かにする「VAN LIFE」という新しいライフスタイルのプラットフォームの提供を通じて、旅行者の快適な移動と感動体験をデザインします。
✔︎エンジニア採用ページURL:https://en-gage.net/carstay
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Carstay株式会社 >
  3. 車中泊スポットのシェアリングサービス「Carstay(カーステイ)」ライフタイムベンチャーズ、原田大作氏から約3千万円を資金調達