AI民主化の実現に挑戦する株式会社aiforce solutionsに対する出資について

株式会社ゴードン・ブラザーズ・ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長(CEO):田中健二)は、株式会社aiforce solutions(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西川智章、以下「aiforce」)に対して、同社のビジョンである「AI民主化」の実現を加速させるための成長資金として出資を行うことを決定し、DBJキャピタル株式会社、住友商事株式会社、みずほキャピタル株式会社、七十七キャピタル株式会社と共に、総額260百万円の投資を実行いたしました。
昨今、スマートフォン等のIoT機器の普及と共に、インターネットを通じたサービスが増加し、多様なデータが企業に蓄積されるようになりました。一方で、そのデータを適切に解析し、ビジネスに活用するためには、データサイエンティスト等の高度なスキルを有する人材が必要となります。しかしながら、人材の確保は容易ではなく、また外部に業務を委託する場合は高額な費用が発生するため、主に人的資源の不足及び資金的制約によってAIを活用できる企業は限られています。

aiforceは、AIをより身近にするために、「AI民主化」をビジョンに掲げ、高度な専門知識や専門スキルを有していない人材でも活用可能なAIソリューションをリーズナブルな価格で提供する企業です。同社が提供するオンライン型教育ソリューション「AMATERAS EDU」の提供により、企業内のAI人材の育成を図ることができ、専門家でなくとも簡単にAIモデルが作成できるAIデータ解析サービス「AMATERAS RAY」を提供することで、人的資源の不足及び資金的制約がある企業においてもAI活用が推進され、企業の収益改善や業務効率の向上の実現が期待されます。

今後、弊社は、弊社のリレーションを活用し、aiforceの潜在顧客に対して「AMATERAS EDU」及び「AMATERAS RAY」の導入を推進し、拡販のサポートを行って参ります。また、弊社の豊富な経験とノウハウをaiforceに積極的に提供し、弊社が提供するBIツール「BI Powered by GB」と連携させることで、より高度な企業課題の解決に取り組んでいくと共に、aiforceの更なる成長を支援して参ります。


【ゴードン・ブラザーズ・ジャパン(GBJ)について】
動産評価、動産換価の分野で世界最大手の米国Gordon Brothers Groupと、日本政策投資銀行が主体となり合弁で設立した法人で、動産ビジネス(動産評価、動産換価、動産担保融資/出資)における国内唯一の専門会社。投資事業においては、事業再生・事業承継案件を中心とするプライベートエクイティ投資、流通小売セクターに関連するX-Techスタートアップに対する投資を今後加速させ、ベンチャーデット、セカンダリーデットなどのベンチャー関連デットファイナンス事業を展開し、ワンストップキャピタルソリューションの提供を行っていきます。


名称  :株式会社ゴードン・ブラザーズ・ジャパン
代表者 :代表取締役社長 田中健二
本社  :東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル3階
事業内容:バリュエーション(動産評価)/ リストラクチャリングサポート(動産換価)/ファイナンス&インベストメント(動産担保融資/出資)
資本金 :1,795百万円(準備金を含む)
URL  :https://www.gordonbrothers.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ゴードン・ブラザーズ・ジャパン >
  3. AI民主化の実現に挑戦する株式会社aiforce solutionsに対する出資について