キャディ、経済産業省主導「J-Startup企業」に選出

国内約1万社のスタートアップ企業から新たに49社が選出

日本のモノづくりをテクノロジーで変革するキャディ株式会社(本社:東京墨田区、代表取締役:加藤勇志郎)は、経済産業省主導の官民によるスタートアップ支援プログラム「J-Startup」にて支援企業に選出されました。

6月24日に開催された「J-Stratup2019セレモニー」にて 代表取締役 加藤勇志郎6月24日に開催された「J-Stratup2019セレモニー」にて 代表取締役 加藤勇志郎

「J-Startup」は、経済産業省が日本貿易振興機構(JETRO)・新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とともに事務局を務めるスタートアップ支援プログラムです。国内約1万社のスタートアップから「オープンイノベーションの促進」、「海外展開」、「地域の有望スタートアップの発掘」の3つの観点から厳正な審査の上、49社を選定。キャディはその一社として選ばれました。

J-Startup企業の一員として、今後もさらなる事業拡大とミッションであるモノづくり産業のポテンシャルの解放の実現を目指してまいります。

■J-Startupのホームページ
https://www.j-startup.go.jp/

■製造業の受発注プラットフォーム「CADDi」について

 CADDi(https://corp.caddi.jp/service)は、独自開発の原価計算アルゴリズムに則った自動見積もりシステムによって、発注者と品質・納期・価格が最も適合する加工会社とのマッチングを可能にする製造業の受発注プラットフォームです。3D CADデータからわずか7秒で見積もりを算出し、従来2週間以上かかっていた見積もり取得の負担を解消できるうえ、低価格かつ高品質な加工品の安定発注を可能にします。100年以上イノベーションが起きてこなかった国内120兆円の調達領域における非効率を、テクノロジーを用いて構造変革することで抜本的に解決していきます。累計で全国約3,500社(2019年6月25日現在)の企業がCADDiを利用しています。

<キャディ株式会社>
本社所在地: 東京都墨田区東駒形2丁目22-9
代表者  : 代表取締役 加藤勇志郎
設立   : 2017年11月9日
資本金  : 10.9億円(資本金準備金含む)
社員数  : 42名(2019年6月25日現在)
事業内容 : 製造業における受発注プラットフォーム「CADDi」の開発運営
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キャディ株式会社 >
  3. キャディ、経済産業省主導「J-Startup企業」に選出