デリバリー型カーシェアリングサービスの実証を開始

~利用者の利便性を追求した新しい交通サービス~


 当社(社長:大田 勝幸)は、広島県広島市において、法人のお客様を対象にしたデリバリー型カーシェアリングサービス※「広島お届けカーシェア(仮称)」の実証実験を開始しますので、お知らせいたします。

 「広島お届けカーシェア」は、配送スタッフによる車両のお届け・お引き取り機能が付いた、業界初の「デリバリー型」カーシェアリングサービスです。利用時間を平日の日中(午前9時から午後6時を予定)、乗車・降車場所を広島市の都心部(中区およびその周縁部)とするサービスを展開いたします。交通規則や道路事情等の条件を満たせば、オフィスの目の前など利用者の都合の良い場所での乗り降りが可能で、ビジネスシーンにおける移動の効率化が期待できます。本日よりモニター会員の募集を開始し、車両台数を3台から100台まで順次拡大させ、来年度には有償サービスへの移行を目指します。

 また、来年度には「広島お届けカーシェア」で利用しない曜日や時間帯を対象に、通勤用とプライベート用の個人向けカーシェアサービスも展開する予定です。1台のシェアリング車両を、3つのシーンに合わせて使い分けることで、多様な移動ニーズに対応すると同時に、稼働時間帯や曜日が偏るという従来のカーシェアサービスが抱える課題を解決するシステムの構築を図ります。本実証を通じて、ユーザーニーズを把握するとともに、これらのサービスが、新たな交通サービスとして地域交通の利便性向上に貢献し得るかを社会性や経済性の観点から検証いたします。


 当社は、2040年JXTGグループ長期ビジョンにおいて、「地域サービスにおけるモビリティサービス事業の創出」を成長事業と位置付けております。クルマの消費形態の変化に対応する新たなモビリティサービスの開発を通じて、地域社会の発展に貢献にしてまいります。

 
 ※本カーシェアリングビジネスモデルは、特許出願中です。
  サービスの詳細はhttps://www.noe.jxtg-group.co.jp/carshare/をご参照ください。

 

以 上
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ENEOS株式会社 >
  3. デリバリー型カーシェアリングサービスの実証を開始