舞台専門プラットフォーム「シアターコンプレックス」オリジナル企画 第1弾を発表

ライブ及びアーカイブ動画に対応できるメディアを短期間にて構築

 動画配信及びデジタルサイネージ向けクラウドサービスを提供するデジタルクルーズ株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:押田 賢一)は、劇場プロデューサー松田誠氏が発起人となる『舞台専門プラットフォーム「シアターコンプレックス」』プロジェクトの発足に際し、動画プラットフォーム構築及び運営を担当します。

 今回のオリジナル企画第1弾を皮切りとした様々な動画企画に合わせた、ライブ及びアーカイブ動画に対応できるよう、「シアターコンプレックス」の構築をして参ります。構築は弊社の動画配信及び販売メディア構築サービスであるadmintTV Bizを利用し、可能な限り短期間で構築して参ります。

 また引き続き、クラウドファンディングの期間中毎日(5月1日~6月7日)応援トークライブの生配信を担当し支援します。

■デジタルクルーズ株式会社について
東京都千代田区九段北1-14-17AMINAKA九段ビル5階
代表取締役社長CEO 押田 賢一

資本金   :100,000,000円(資本剰余金160,141,858円)
事業内容   1) 動画配信クラウドサービス( admintTV/admintTV Biz )
       2) デジタルサイネージクラウドサービス( admint SIGNAGE )
ホームページ:https://www.digital-cruise.co.jp/   (動画配信サービス)
       https://signage.digital-cruise.co.jp/ (サイネージサービス)

【本件に対するお問合せ先】
■デジタルクルーズ株式会社
担当 :クラウドサービス事業本部 渡邊 敏彦
E-mail: contact@digital-cruise.co.jp

■シアターコンプレックスのオリジナル企画第1弾について
以下のプレスリリースをご参照下さい。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デジタルクルーズ株式会社 >
  3. 舞台専門プラットフォーム「シアターコンプレックス」オリジナル企画 第1弾を発表