K.S.ロジャース、正社員とフリーランスを組み合わせた雇用制度を導入

フリーランスと正社員の“良さ”を取り入れ、エンジニア雇用促進と優秀な人材の獲得を目指します

​スタートアップ、ベンチャー企業、大手企業の新規事業支援や新規サービス開発支援を行うK.S.ロジャース株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長CEO 民輪 一博、以下「K.S.ロジャース」)は、新たな雇用制度として、フリーランス正社員制度を導入しました。


■導入の背景
経済産業省が発表した「雇用関係によらない働き方」に関する研究会報告書(2017年 3月)によると少子高齢化や急激な産業構造の転換などにより「雇用関係によらない働き方」をはじめとした柔軟な働き方が重要であるとされています。

K.S.ロジャースは売り手市場かつエンジニア不足で悩む企業が多い中、2017年の創業当時よりエンジニアにとって生産性の高い環境を追求すべく、フルリモートワークで組織を運営し、正社員からフリーランス、副業にいたるまで様々な雇用形態で優秀なエンジニアを獲得してきました。

フリーランスは雇用者よりも高い報酬を得られる一方で、急に収入を失うリスクや、事業融資・住宅ローンなど社会的信用が低い等といった問題があります。
そのような背景を踏まえ、K.S.ロジャース独自で作った正社員とフリーランスを組み合わせたフリーランス正社員制度「ジェネシス」を導入するに至りました。

■フリーランス正社員制度「ジェネシス」とは
社員としての安定性(固定報酬、雇用保険、福利厚生等)を確保しながら、月の約半分はフリーランスとして、他社での業務が可能なため、高い報酬も実現できる制度です。(※1)

・対象者について
1)期間の定めのない労働契約を締結している労働者であること
2)所定労働時間が、他の正社員の所定労働時間に比べ短いこと

・所定労働時間
週の労働時間䛿20時間以上~30時間未満(所定労働時間20時間+みなし残業10時間分)となります。

・正社員と同待遇が適用されるもの
1)賃金の算定方法・支給形態(※2)
2)賞与、退職金、休日
3)定期的な昇給及び昇格の有無等の労働条件

※1 法律上の定義は「短時間正社員」となります
※2 同職種のフルタイム正社員と、時間当たりの基本給及び賞与・退職金等の算定方法なども同等

■フリーランス正社員制度「ジェネシス」を利用している社員の声
・30代 ベルリン在住 
心の安心感が違います。心が安定していると仕事が安定するので、質もよくなると考えています

・30代 都内在住
フリーランスで仕事をしていたときは「言われることをきちんとやる」ということが多いが、この制度により、マネジメントが経験できたり裁量が増えてやりやすくなった。

※ 参考
経済産業省が発表した「雇用関係によらない働き方」に関する研究会報告書(2017年 3月)https://www.meti.go.jp/report/whitepaper/data/pdf/20170330001-2.pdf

■K.S.ロジャース株式会社について https://ks-rogers.co.jp/

創業以来、「エンジニアにとって働きやすい環境の追求」を掲げ、フルリモートワーク・フルフレックス・副業可などの新しい働き方に挑戦してきました。様々な業界、プロダクト、規模の経験を持つCTO、PM、テックリードなど約70名のエンジニアが所属しています。
K.S.ロジャースはスタートアップスタジオ事業を軸に単なる技術者としてではなく、技術的な知見から事業全体の健全なサイクル創出する外部CTOとして、ビジネスの内部に入り込み事業の成功にコミットします。

会社名:K.S.ロジャース株式会社
代表者:代表取締役CEO 民輪 一博
設立:2017年12月
所在地:兵庫県神戸市
事業内容:新規開発・運用支援事業、CTOコンサルティング事業、開発ファンド事業、スタートアップスタジオ事業
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. K.S.ロジャース株式会社 >
  3. K.S.ロジャース、正社員とフリーランスを組み合わせた雇用制度を導入