建物メンテナンス業務管理SaaSのBPM、第三者割当増資による資金調達を実施

〜建物メンテナンス業務管理SaaS「Qosmos」の事業を強化〜

報道関係者各位
2020年12月3日
BPM株式会社

BPM株式会社、第三者割当増資による資金調達を実施
〜建物メンテナンス業務管理SaaS「Qosmos」の事業を強化〜


建物メンテナンス業務管理SaaSの開発を行うBPM株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:桐原 康輔)は、ダブルシャープ・パートナーズ株式会社(東京都港区、代表取締役:大屋 重幸)ならびにエンジェル投資家数名を引受先とした第三者割当増資による資金調達を実施いたしました。

BPMは今回新たに調達した資金を活用し、今年度提供を開始した建物メンテナンス業務管理SaaS「Qosmos」の営業および開発の強化を図ります。Qosmosは、建物メンテナンスの施工に関わる不動産管理会社や修理業者の情報連携を促進し、工事作業依頼から報告管理、保守点検に至る一連の業務を効率化します。既にトライアルを含め、数十社への導入が進んでおり、今後多くの顧客ニーズに対応しながら、サービスの拡大を図ってまいります。


投資家からのコメント
ダブルシャープ・パートナーズ株式会社 代表取締役 大屋 重幸
建物メンテナンスに係る工事とは、関係者、対象、作業内容が多岐にわたるため、ビル・住居の新設工事よりも複雑な構造となっています。また、将来における建設技術者の不足や建設従事者の労働環境の改善など、業界として解決すべき社会的な課題を抱えています。
BPMが提供する「Qosmos」は、点検・修繕・撤去・清掃等のメンテナンス現場の作業に特化した機能を開発・提供することで、メンテナンス関係者の作業効率と生産性向上の実現を目指すものです。さらに、現状遅れているといわれる建物メンテナンス業界のDXを推進し、業界の健全な発展と品質の向上がはかられることに期待しています。
今回の資金調達を通して、さらなる事業の発展と成長を応援してゆきます。


BPMについて
BPMは、2011年に創業以来、建物メンテナンスの施工管理やリフォーム工事、不動産管理会社向けのコンサルティングなどを行ってきました。2017年からは、これらの業務で培ってきた知見やノウハウを活かした建設業・不動産業向けのシステム開発を開始。2020年に建物メンテナンス業務管理SaaS『Qosmos』をローンチし、不動産管理会社や修理業者向けにサービスを提供しております。

■会社概要
所在地:東京都渋谷区本町二丁目27番1号 一二三薬局ビル2階
代表者:代表取締役社長 桐原 康輔
設立日:2011年4月1日
公式ウェブサイト https://bpm-gr.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ
BPM株式会社 担当:坂本 info@bpm-gr.co.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BPM株式会社 >
  3. 建物メンテナンス業務管理SaaSのBPM、第三者割当増資による資金調達を実施