ブロックチェーンロック社、「KEYVOX locker」の販売を開始

KEYVOXシリーズの新デバイスとなる、予約、決済機能が付いたQRコードでも解錠できるスマートロッカーの販売を開始

ブロックチェーンロック株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:岡本 健)は、「KEYVOX」サービスにロッカープラットフォームを新しく加え、新デバイス「KEYVOX locker」の販売を開始します。
KEYVOX lockerは暗証番号、ICカードに加え、QRコードでも解錠、施錠ができるロッカーです。KEYVOXアプリを使って、事前に予約や決済もすることができ、鍵の受け渡しにより宅配ボックスとしても利用することができます。
KEYVOX lockerはKEYVOX Smartlockの空間管理と連動するソリューションで、空間レンタルビジネスをはじめ様々なビジネスに柔軟に対応できるロッカーソリューションです。
ブロックチェーンロック社が今年の4月に立ち上げた「KEYVOX」ソリューションは「サービス + デバイス」を統合した空間シェアリングの統合プラットフォームで、カギの管理に加え、予約、決済、チェックインをKEYVOXアプリケーションで行うことができます。今回、この統合プラットフォームにロッカープラットフォームを追加し、新デバイスのスマートロッカーを開発し、販売を開始しました。

 

 

 

KEYVOXの最大の特徴はその柔軟なソフトウェア機能です。ビジネスの要望に対して、ソフトウェア側で機能の追加、変更を行うことができるため、柔軟にロッカーソリューションを構築することができ、下記のようなユースケースにも少ないカスタマイズ費用で対応することができます。
- マンション内の宅配ボックス
- 公共施設のコインロッカー
- ​ホテルチェックアウト後のスーツケース保管用ロッカー
- コワーキングスペースの月額会員用ロッカー
- オークションんサイト等のC2C受け渡し用ロッカー
- クリーニング店の集荷・配送等の​B2C受け渡しロッカー

KEYVOX lockerの特徴としては、コントロールボックスを1台に集中し、複数のロッカー扉を制御します。複数のロッカー連結することができるため柔軟にスケールアップすることができます。このコントロールボックスがKEYVOXクラウドと接続しており、KEYVOXクラウド側で複雑な制御を実施することで柔軟にソリューションを提供することができます。ユーザーには既存のロッカーとは変わらないUIを提供しています。

 


KEYVOX lockerは各ユースケース毎に安価にソリューション提供を実現していますが、ソフトウェアインテグレーションが必要になるため、各案件ごとの実現したいユースケースと必要スペックにより価格が設定されています。
導入の検討の際の問い合せ窓口は下記になります。
KEYVOX locker サービスサイト : https://www.keyvox.co/locker

ブロックチェーンロック社は宿泊施設をはじめとする空間管理業務の効率化を推進すべく、KEYVOXサービスの機能強化及び関連サービスとの連携の強化を進め、様々なタイプの施設への導入を加速させています。

■ブロックチェーンロック株式会社について
インターネット、ブロックチェーン及びIoT業界での多くの経験を積んだ経営陣から構成される、ブロックチェーンとIoT専門の技術集団。世界中の資産に安全なアクセスを提供するという意味の「Unlock the World」をミッションとして、東京を拠点に活動している。世界中の遊休資産をブロックチェーンとIoTの力でより安全にシェアリングできる世界を目指し、「KEYVOX」サービス(アクセス権管理プラットフォームおよびIoTデバイス)の開発、展開を行っている。
サービス詳細:https://www.keyvox.co
会社概要  : https:/www.blockchainlock.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブロックチェーンロック株式会社 >
  3. ブロックチェーンロック社、「KEYVOX locker」の販売を開始