Securitize とLIFULL、不動産セキュリティトークン発行システムの実証実験を実施

 デジタル証券プラットフォームを提供するSecuritize, Inc.(本社:米国、日本法人:株式会社BUIDL、日本法人住所:東京都中央区、代表取締役:ジェームズ・エイチ・フィン、以下Securitize)は、株式会社LIFULLが主宰する空き家の地方創生型不動産クラウドファンディングを広く推進する基盤の構築を目的に、空き家の利活用等への投資における不動産セキュリティトークン発行(Security Token Offering、以下STO)スキームの実証実験を実施したことをお知らせいたします。

 この実証実験を通して、デジタル証券やブロックチェーン技術を用いた不動産ファンドは効率的で透明性が高く、コンプライアンスの観点からも優れていることがわかりました。
本プロジェクトは、株式会社LIFULLが、株式会社BUIDL、株式会社LIFULL Social Fundingと協働で開始したものです。2019年12月、SecuritizeがBUIDLを子会社化しましたが、その後もLIFULLとプラットフォーム開発を継続し、第一段階が完了しました。

 プロジェクトを通して、3社はデジタル証券とブロックチェーン技術を用いた不動産クラウドファンディングが、従来の手法に比べてより実用的で、運用コストを削減できることがわかりました。具体的な結果は次のとおりです。
  1. スマートコントラクトによるセキュリティトークン分配・配当・償還の自動執行による運用コスト圧縮の検証
    • 銀行API(GMOあおぞらネット銀行株式会社)から取得した入金データをトリガーとしたセキュリティトークンの分配
    • ブロックチェーン上のスマートコントラクトを用い、セキュリティトークンの持分比率に応じて配当・償還を自動執行
  2. パブリックチェーン利用によるファンドの透明性担保の検証
    • 公開された改ざん耐性のあるパブリックチェーン(Ethereumメインネット)において、上記スマートコントラクトの動作および資金・トークンの流れを投資家および第三者が確認可能


■Securitize CEO兼共同設立者 カルロス・ドミンゴのコメント
「不動産クラウドファンディングのための包括的なプラットフォームソリューションを一緒に作り上げることができ非常に嬉しく思います。日本の不動産市場の近代化を目指すSecuritizeとLIFULLにとって素晴らしいスタートです。」

■本プロジェクト責任者 LIFULL 松坂 維大 様のコメント
「BUIDL社とスタートした本実証から多くの学びを得ることができました。引き続き、不動産がトークン化され誰もが自由に取引できる未来を築くため、プロジェクトを進めてまいります。」

本プロジェクトのシステム設計は、デジタル証券の保有者にとって、よりシンプルなユーザー体験を実現しました。

【会社概要】
■Securitize, Inc.
代表: CEO カルロス・ドミンゴ
設立:2017年12月
本社: 米国サンフランシスコ
事業内容:デジタル証券の発行および管理
ウェブサイト: https://www.securitize.io
連絡先: info@securitize.io

Securitizeは、所有・管理が簡単で、高速な取引が可能なデジタル証券を作成することにより、資本市場を近代化しています。 Securitizeプラットフォームおよびプロトコルは、デジタル証券のライフサイクル全体に対応する実績のあるフルスタックソリューションを提供します。 Securitizeの革新的なDSプロトコルは、業界で最も採用率が高く、複数の市場において、同時にコンプライアンスに準拠したシームレスな取引を可能にします。 Securitizeを活用したデジタル証券は、公開市場で既にグローバルに複数取引されており、今後さらに増える予定です。

■Securitize Japan (株式会社BUIDL)
代表者:代表取締役 ジェームス・エイチ・フィン
設立:2018年9月
所在:東京都中央区日本橋室町2-1-1 日本橋三井タワー 6F
事業内容:コンサルティング、システム開発、デジタル証券発行ソフトウェア提供
ウェブサイト:https://www.securitize.co.jp/
2019年12月、米国デジタル証券発行プラットフォームを提供するSecuritizeの子会社化。今後はデジタル証券市場の拡大を目指す。

■株式会社LIFULL
代表者:代表取締役社長 井上 高志
所在:東京都千代田区麹町1-4-4
事業内容:不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S(ライフル ホームズ)」の運営等
ウェブサイト:https://LIFULL.com/

■株式会社LIFULL Social Funding
代表者: 代表取締役社長 髙山 祐介
設立: 2012年10月
所在: 東京都千代田区麹町1-6-2 アーバンネット麹町ビル7F
事業内容: 法人向け融資サービス、自己勘定投資、「LIFULL地域創生ファンド」の運営等
第二種金融商品取引業:関東財務局長(金商)第3115号
ウェブサイト:  https://lifull-socialfunding.co.jp/

■GMOあおぞらネット銀行株式会社
代表者:代表取締役会長 金子 岳人・代表取締役社長 山根 武
設立:1994年2月
所在:東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス
事業内容:銀行業務
ウェブサイト:https://gmo-aozora.com/

【本件のお問い合わせ先】
Securitize Japan (株式会社BUIDL)
info@securitize.io
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Securitize Japan株式会社 >
  3. Securitize とLIFULL、不動産セキュリティトークン発行システムの実証実験を実施