「アイブン」日本ディープラーニング協会(JDLA)メディアパートナーに

経済産業のDX化をサポートしていく

ディープラーニングをはじめとしたAI系テクノロジーの応用に関する研究事例をまとめているウェブメディア「アイブン」は日本ディープラーニング協会(JDLA)とメディアパートナーという形で連携します。

 

論文や特許などをベースに産業界のDX(デジタル変革)に役立つ知識をまとめて発信しているウェブメディア「アイブン」は、ディープラーニング技術を日本の産業競争力につなげる趣旨のもと設立・運営されている一般社団法人 日本ディープラーニング協会(理事長 松尾豊 東京大学大学院工学系研究科 教授、以下JDLA)とメディアパートナーという形で連携しましたことをご報告いたします。


アイブン:https://aiboom.net/
JDLA:https://www.jdla.org/

アイブン運営の(株)Parksは今回の連携をきっかけに、同協会とテクノロジーメディアの相乗効果を作り上げていく方針です。
まずは具体的なアクションとして、JDLAの主宰する勉強会や検定試験などの情報をわかりやすく報道するなど、同協会の取り組みを社会に周知させる情報発信をメディアコンテンツに順次加えていく予定です。
さらに、同社の強みとする一次情報ベースのコンテンツ力や科学考証力でディープラーニング学習者の意欲や学習効率を底上げする見通しです。


技術者とサイエンスライターが中心となってコンテンツの制作を行っているアイブンは、研究者や技術者だけでなくテクノロジーや産業経済の将来に関心のあるビジネスマンや学生を多く利用者として迎えています。
今回の連携をきっかけに、サイトの利用者がさらに将来の行動の選択肢を広げられることを狙っています。
また機械学習をはじめとしたテクノロジーに関心のある人の輪がつながる社会の構築を目指します。

また同社は益々多くの人々がテクノロジーに興味を持つきっかけを作るために、継続的にサービスを強化する方針です。
人間の可能性を最大化し、経済を滑らかに循環させることを念頭に、確かな情報をお伝えしていきます。

運営会社:株式会社Parks
代表取締役:水谷 健

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Parks >
  3. 「アイブン」日本ディープラーニング協会(JDLA)メディアパートナーに