アルムと京都プロメドが新型コロナウイルス感染症対策で連携

~読影医のテレワークをサポートする在宅読影システムおよび新型肺炎診断サポートを無償提供~

株式会社アルム(東京都渋谷区、代表取締役社長:坂野哲平、以下 アルム)と京都プロメド株式会社(京都市上京区、代表取締役:河上聡、以下 京都プロメド)は、アルムが開発・提供する医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」と連携した在宅読影システム「Join-ProMed連携読影システム」および肺炎診断サポートを無償で提供します。
新型コロナウイルス感染症では、胸部CTでの画像診断が重要な診断プロセスとなっています。そのため、読影専門医に症例や経験を集約することによって、診断精度の向上や、早期発見に繋げることが可能となると考えられます。

一方で、新型コロナウイルス感染症の感染対策のため読影専門医が在宅読影を希望しても、医療機関におけるテレワーク環境整備は十分ではなく、今から新たなシステムを導入することは難しいのが現状です。

そこで両社の連携のもと、アルムが開発・提供する医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」に、京都プロメドが開発した「ProMed読影システム」を組み込むことで、「Join」をご利用中の医療機関において、新たなシステムを導入することなく在宅読影機能をご提供できるようになりました。

在宅勤務を可能にすることで、院内感染リスクの低減や疲弊を多少でも改善し、医療現場の助力になることを目指します。

また、当該システムを用いて、新型コロナウイルスによる肺炎が疑われる症例を対象に肺炎診断サポートの無償提供を開始いたします。各医療機関においてセカンドオピニオンとしてご利用ください。

■Join-ProMed 連携読影システムについて
インターネットブラウザからProMed読影システムへアクセスし、読影依頼、在宅読影および読影レポートの作成・確認ができます。画像は既に導入されているJoin*から転送可能です(*チャット版をご利用の場合は対象外となります)。
専用システムや機器、回線などは必要ないため、設定終了後すぐにご利用いただけます。
※PACSからJoinへ転送した画像をProMed読影システムへ自動転送する設定は別途必要です。
※当システムの導入によるJoinの機能変更はございません。
※ProMed読影システムの推奨ブラウザはGoogle Chromeです。


◆ご利用の流れ
1. アルムホームページのお問い合わせフォームより、ご利用申請をしてください。
2. アルム担当者より折り返しご連絡します。ご要望や利用環境を確認後、京都プロメド並びにアルムにて必要な設定をします。
3. 設定完了後、院内スタッフはPACSからJoinへ画像を転送してください。転送した画像は全てProMed読影システムへ自動で反映されます。
4. ブラウザでProMed読影システムへアクセスし、読影を依頼したい画像を選択、在宅読影医へ読影依頼を送信してください(京都プロメドへの依頼も可能)。
5. 依頼された在宅読影医は、ProMed読影システムを使って読影・レポートを作成してください。
6. 読影が終了すると、ProMed読影システムでレポートを確認できます(PDFまたはXML形式で閲覧可能)。

◆対象施設
国内のJoin*導入済み医療機関を対象とします(*チャット版をご利用の場合、または京都プロメド経由でJoinをご契約済みの場合は対象外とさせていただきます)。

◆提供期間
本リリース発表後から開始し、終了時については新型コロナウイルス感染拡大状況等により決定します。無料提供期間の終了は、京都プロメドホームページにてお知らせします。
https://www.promed.jp/info/

■京都プロメド肺炎診断サポート無償提供について
新型コロナウィルスによる肺炎が疑われる症例のCT画像について、Join-ProMed連携読影システムを利用して京都プロメドへ読影依頼をした医療機関を対象に、1日先着20件まで診断サポートを無償で提供します。
※平日9時~17時までの依頼で、翌日結果を返却します。
※先着順で対応いたしますので依頼状況等によっては対応できない場合があります。予めご了承ください。

◆対象期間
2020年5月7日(木)〜6月末(※終了時期は状況により変更する場合があります)

◆提供条件
Join-ProMed連携読影システムから読影依頼をした新型コロナウィルスによる肺炎疑いや除外が必要な胸部CT画像

【お問い合わせ】
・システム導入をご希望の場合
アルムホームページのお問い合わせフォームより『Join-ProMed 連携読影システム』を選択してご連絡ください。
https://www.allm.net/contact/

・システムやサービス内容(肺炎診断サポート無償提供含む)に関するご質問
京都プロメドホームページのお問い合わせフォームよりご連絡ください。
https://www.promed.jp/inquiry/

各担当者より折り返しご連絡いたします。

※諸事情等により、予告なく本取り組みの内容の全部または一部の変更、本取り組みの適正な運用を確保するために必要と判断した措置や、本取り組みの早期終了を行う場合がございます。予めご了承ください。

■Joinについて
株式会社アルムが開発・提供する、医療関係者がセキュアな環境でコミュニケーションをとることができるアプリです。標準搭載されたDICOMビューワーで医用画像を閲覧、チャットに共有することで、夜間休日などに院外にいる医師へのコンサルテーションツールとしての活用や、救急患者の転院の際の病院間連携・情報共有などに利用されています。日本ではじめて保険収載されたプログラム医療機器です。
販売名:汎用画像診断装置用プログラム Join
医療機器認証番号:227AOBZX00007000

■ProMed読影システムについて
京都プロメド株式会社が開発した読影システムです。
販売名:KW ニュートラル Viewer
医療機器認証番号:302ALBZX00001000

■京都プロメド株式会社
京都大学大学院 医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)に所属する放射線診断専門医による、全国各地に向けた遠隔画像診断サービスを展開。複数の医師が在中する大学・病院などと同規模の読影センターを有し、難しい症例の画像診断、読影依頼を受けてから1時間以内に診断を返却する緊急時対応など、ハイレベルでスピーディなサービスを行っています。

○     社名 京都プロメド株式会社
○     本社 京都市上京区河原町通丸太町下ル伊勢屋町406 マツヲビル2F
○     代表 河上 聡
○     設立 2007年3月27日
○     ホームページ https://www.promed.jp/

<お問い合わせ先>
京都プロメド株式会社
TEL: 075-257-5577
Email: jp@promed.jp

■株式会社アルム
株式会社アルムは「すべての医療を支える会社(All Medical)」として、「Shaping Healthcare」をコーポレートメッセージに掲げ、医療・福祉分野におけるモバイルICTソリューションの提供をしています。また、医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」を始めとした医療ICT事業では、グローバル展開に積極的に取り組み、日本発の医療ICT企業として19カ国へのソリューション提供を行っています。

○     社名 株式会社アルム
○     本社 東京都渋谷区渋谷3丁目27番11号祐真ビル新館2F
○     代表 坂野 哲平
○     設立 2001年4月18日
○     資本金 12億9274万円
○     ホームページ https://www.allm.net/

※Joinは株式会社アルムの商標または登録商標です。

<お問い合わせ先>
株式会社アルム チームプラットフォーム部
広報担当 工藤
TEL: 03-6418-3012
Email: press@allm.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルム >
  3. アルムと京都プロメドが新型コロナウイルス感染症対策で連携