化粧文化に関する資料、高精細画像でオンライン閲覧が可能に ポーラ文化研究所の古典籍176冊・浮世絵349点を4月16日に公開

ポーラ・オルビスグループで化粧に関する研究活動を行うポーラ文化研究所(所在地:東京都品川区)は、国文学研究資料館(以下、「国文研」)と協力・連携し、ポーラ文化研究所が所蔵する古典籍(江戸時代以前の本)176冊と浮世絵349点の高精細デジタル化に取り組み、2021年4月16日(金)に公開しました。2019年より両機関が協力・連携して進めたこの取り組みにより※1、化粧文化に関する大規模な資料群のインターネットを通じた検索・閲覧が『いつでも、どこでも、どなたでも、そして無料で』可能になりました。

ポーラ文化研究所が所蔵する古典籍・浮世絵の高精細デジタル画像の一括公開は今回が初となります。化粧文化に関する資料の大規模な公開は、化粧文化への理解を広げるとともに、江戸時代を中心とする風俗・文化史研究、海外からの日本文化理解の促進に寄与することが期待されます。また、「昨今の新型コロナウイルス感染症による社会・経済に対する影響により、急激にテレワークへのニーズが高まった。大学等の教育機関における遠隔授業をはじめとして、信頼できる文化学術資源を必要とするものも多くある」※2という状況の中、今回の公開はウィズ・ポストコロナ時代におけるニーズにも大いに資するものと考えます。

●公開年月日:2021年4月16日
●公開資料:ポーラ文化研究所所蔵の化粧・髪型・装いなどに関する、江戸時代を中心とした古典籍・浮世絵
●公開数:古典籍176冊・7,235コマ※3、浮世絵349点・459コマ
●公開サイト:
ポーラ文化研究所
「蔵書データベース」https://www.cosmetic-culture.po-holdings.co.jp/library/
「化粧文化データベース」https://cosmetic-culture.po-holdings.co.jp/data/
国文研
「新日本古典籍総合データベース」https://kotenseki.nijl.ac.jp/page/list-pohd.html

●公開資料例

 

渓斎英泉 画  「浮世四十八手 夜をふかして朝寝の手」 文政4~5年頃(1821~22年頃)渓斎英泉 画  「浮世四十八手 夜をふかして朝寝の手」 文政4~5年頃(1821~22年頃)

 

『化粧眉作口傳』 宝永5 (1708)年『化粧眉作口傳』 宝永5 (1708)年

※1 国文研・ポーラ文化研究所「共同リリース」2020年7月9日 https://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/images/20200709_release.pdf
ポーラ・オルビスホールディングス「ニュースリリース」2020年7月9日 https://www.po-holdings.co.jp/news/pdf/20200709_csr.pdf
※2 「3か年総括報告書 我が国が⽬指すデジタルアーカイブ社会の実現に向けて」2020年8⽉19⽇デジタルアーカイブジャパン推進委員会・実務者検討委員会(事務局:内閣府知的財産戦略推進事務局)より
※3 画像ファイル数

■ポーラ文化研究所とは
化粧を美しさの文化としてとらえ、学術的に探求することを目的として、1976年5月15日に設立されました。以来、日本と西洋を中心に、古代から現代までの化粧文化に関わる資料の収集と調査研究を行っています。国内外の美術館への展示協力や、現代の化粧・美意識やライフスタイルに関する調査の実施・公開のほか、2005年には化粧文化の専門図書館「ポーラ化粧文化情報センター」、2018年には所蔵資料を検索・閲覧できる「化粧文化データベース」の運営を開始しました。

 


ポーラ文化研究所は、化粧を “人が豊かに生きるための大切な文化”として広く、深く研究し、その成果や文化資産を社会に公開することで、化粧文化への理解を広げるよう努めています。

 

ポーラ文化研究所 HP https://www.cosmetic-culture.po-holdings.co.jp/
化粧文化データベース https://www.cosmetic-culture.po-holdings.co.jp/data/
蔵書データベース https://www.cosmetic-culture.po-holdings.co.jp/library/
Twitter https://twitter.com/POLA_bunken/  
Instagram https://www.instagram.com/pola_cosmeticculture/
YouTube https://www.youtube.com/c/polacosmeticculture/

■大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国文学研究資料館とは
国文学研究資料館は、国内各地の日本文学とその関連資料を大規模に集積し、日本文学をはじめとする様々な分野の研究者の利用に供するとともに、それらに基づく先進的な共同研究を推進する日本文学の基盤的な総合研究機関です。2014年度からは、人文系では初の大規模学術フロンティア促進事業「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」がスタートしており、国文研が中心となって国内外の大学などと連携し、日本語の歴史的典籍のデジタル化と、国際共同研究ネットワークの構築を推進しています。

日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画 https://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/
国文学研究資料館 https://www.nijl.ac.jp/
Twitter https://twitter.com/nijlkokubunken/  
Facebook https://www.facebook.com/nijlkokubunken2/

■唯一の日本古典籍ポータルサイト 新日本古典籍総合データベース
「新日本古典籍総合データベース」は、「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」において国文学研究資料館が構築しています。複数の機関が所蔵する古典籍の情報や、その高精細画像を一度に検索できる日本古典籍ポータルサイトです。国文学の研究者だけでなく、学生、他分野の研究者、産業界、広く市民のみなさまにも役立てていただけるコンテンツを無料で公開しています。

新日本古典籍総合データベース https://kotenseki.nijl.ac.jp/

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ポーラ文化研究所 >
  3. 化粧文化に関する資料、高精細画像でオンライン閲覧が可能に ポーラ文化研究所の古典籍176冊・浮世絵349点を4月16日に公開