新潟の働き手不足を"新卒供給"で解消する!「採用カンファレンスin新潟2020 〜採用の未来〜 」開催決定のお知らせ

企業における本質的な「人」「組織」の課題解決を行う株式会社モザイクワーク(代表取締役 杉浦二郎)は、2020年1月28日(木)新潟朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンターにて「採用カンファレンスin新潟2020」を開催致します。

 
  • 2030年新潟県内の働き手は約3割減小

 

新潟県「新潟県人口ビジョン」より引用新潟県「新潟県人口ビジョン」より引用


現代日本企業の最重要課題である「人材不足」。
特に新潟県は、今後「15~64歳」の生産年齢人口は75%まで減り、全国でも有数の超高齢化社会を迎えようとしています。
また、新潟県は「休廃業・解散率」全国2位(帝国データバンク調べ)、かつ北陸地方においても求人数多・求職者数小という需要と供給のアンバランスが極めて高く(内閣府調べ)、事業承継・働き手のリクルートが最重要課題となっています。
この人材採用難に対する決定的な打ち手を用意しないことには、新潟県内の企業及び経済がより衰退の一途を辿ることは容易に想像できます。

 
  • 従来のセオリーが通用しない現代の採用攻略法を「採用学研究所」の4名が解説


株式会社モザイクワークは、民間企業を対象に「エビデンス」に基づいて企業の採用活動をより良いものにする支援を進める採用学研究所と共催で、2020年1月28日(木)採用カンファレンスin新潟2020 〜採用の未来〜 開催致します。

2018年7月第一弾を同じく新潟県にて開催し、ご好評と第2回目の開催を望む声を多数頂いたため、今回の開催に至りました。

本カンファレンスでは、国内採用支援の第一線で活躍する採用科学研究所メンバーを講師として招き、地方企業の人材採用難を解決するための複数のセクションによるオムニバス形式の講演を実施。SNSやインターネットの普及によって激変した「現代人の価値観の変化」や、都市圏にはない地方企業ならではの魅力が採用競争に有利になるポイント、地方企業こそ難易度が高いと言われる新卒採用を諦めてはいけない理由など、都市郡企業の採用セオリーとは一風違った地方採用の極意を伝授し、厚生労働省がまち・ひと・しごと創生「長期ビジョン」と「総合戦略」の全体像内で掲げる「人口減少問題の克服」に真っ向から取り組んで行きます。
 
  • 「採用カンファレンスin新潟2020 〜採用の未来〜 」イベント詳細
イベント名:「採用カンファレンスin新潟2020 〜採用の未来〜 」
日時:2020年1月28日(火) 13:30〜16:30 (受付開始は13:30〜)
場所:朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 3F中会議室301
主催:株式会社モザイクワーク / 採用学研究所

登壇者及びトークテーマ
Talk 1
伊達 洋駆 / 採用学研究所 所長
株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役
バイアスは取り除けるのか?〜人が人を見極めることについて改めて考える〜

Talk 2
神谷 俊 / 採用学研究所 研究員
株式会社ビジネスリサーチラボ コンサルティングフェロー
就活におけるコミュニティ・ネットワークの影響
~学生のコミュニティ活用の実態と求められる企業対応~

Talk 3
服部 泰宏 / 採用学研究所 客員研究員
神戸大学大学院経営学研究科 准教授
現れつつある新しい“優秀さ”について

Talk 4
杉浦 二郎 / 採用学研究所 客員研究員
株式会社モザイクワーク 代表取締役社長
若者の価値観変化における“新卒”採用の変化と終焉

イベント詳細・お申し込みページ
下記よりお申し込みください。
https://mosaicwork.co.jp/archives/584
http://urx.blue/wgEv
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社モザイクワーク >
  3. 新潟の働き手不足を"新卒供給"で解消する!「採用カンファレンスin新潟2020 〜採用の未来〜 」開催決定のお知らせ