ビッグデータとAIから立地・施設に最適なテナントをリコメンド商業不動産の高付加価値化を実現する「ジオマーケティング」株式投資型クラウドファンディングを開始

~商業不動産の空き区画問題・同質化問題・収益低下を解決する!~


データサイエンスの力で「地域のポテンシャルを可視化する」をミッションに、商業施設のためのジオマーケティング(地域・立地に関する深い洞察に基づいたマーケティング)を提供するジオマーケティング株式会社 (東京都 代表取締役:酒井 嘉昭)は、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2021年5月8日(土)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。

 【当社プロジェクトページ】
https://fundinno.com/projects/222


●当社プロジェクトとクラウドファンディング実施目的について

地域の魅力とポテンシャルを引き出す不動産開発の未来を実現する
 ジオマーケティング株式会社は、日本全国の商業不動産マーケティングで蓄積してきたノウハウをベースにしたAIアルゴリズムによって商業不動産の高付加価値化を実現するためのプラットフォーム「gleasin(グリーシン)」を開発いたしました。これにより、非公開の商業区画情報を流通させてテナント誘致を支援し、新進、ニッチ、ローカルなブランドにも出店機会を提供することができます。またgleasinはビッグデータ、AIを活用しており、立地と世界観を評価することによって区画に最適なテナントをリコメンドします。
この度、加盟数の拡大とデベロッパーによる登録区画の拡大、仲介エージェントへのアプローチ、および商業施設の高付加価値化のための不動産関連サービスの垂直統合化と提供、開発・運営に不可欠なファイナンス面での支援の実施を目指し、2021年4月27日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて、募集案内の事前開示を開始いたします。弊社は今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げます。募集期間は2021年5月8日~2021年5月10日、上限とする募集額は 60,000,000円(1口 10万、1人 5口まで)です。

ジオマーケティングの強みは、AIによる小売立地評価・世界観の可視化に特化した若い技術者チームと産学の有識者によるスーパーバイザーとの連携で不動産DXに挑戦している点です。
今後はデベロッパー、テナント、エージェント全てを巻き込みマネタイズを図ってまいります。弊社は地域の魅力とポテンシャルを引き出す、そんな不動産開発の未来を「gleasin」で実現し、企業の成長を目指します。
 


■会社概要
・会社名:ジオマーケティング株式会社
・所在地:東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15F
・代 表:酒井 嘉昭
・設 立:平成27年2月
・事業内容:経営・マーケティングコンサルティング業務、データ収集・分析・可視化・統合サービスおよび技術の提供、データベース提供業務など
・URL    : https://geomarketing.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ジオマーケティング株式会社 >
  3. ビッグデータとAIから立地・施設に最適なテナントをリコメンド商業不動産の高付加価値化を実現する「ジオマーケティング」株式投資型クラウドファンディングを開始