【在宅勤務テレワーク支援キャンペーン】AI自動契約書チェックLawFlowが90日間無料&エンタープライズ版の特別価格設定

新型コロナに負けない!非常事態宣言下で頑張る企業や個人事業主を支援!!

LawFlow株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役・弁護士:則竹理宇)は、新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受け、在宅勤務・テレワーク支援キャンペーンとして、AI自動契約書チェックサービス「LawFlow」の有料版をトライアル期間として90日間無料公開致します。また、法務部向けのエンタープライズ版について、中小企業や個人事業主様にもお使いいただけるよう、月額50,000円〜(税別)の特別価格を設定いたしました。


■在宅勤務テレワーク支援キャンペーン概要
本キャンペーンでは、安倍晋三首相の新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大による緊急事態宣言を受けて、
厳しい環境に置かれている企業や個人事業主様の在宅勤務・テレワークによる法務を支援するために、本日より当面の間はAI自動契約書チェックサービス「LawFlow」の有料版を90日間無料開放致します。
ご利用いただくためには、以下のURLより会員登録(無料)をお願い致します。会員登録後は自動的に、有料版の90日間無料トライアルがご利用いただけます。
【URL】https://www.lawflow.jp/

また、従来は月額100,000円〜(税別)で提供していた法務部向けのエンタープライズプランについても、中小企業や個人事業主様にもお使いいただけるよう、月額50,000円〜(税別)の特別価格を設定いたしました。法務の知識・人材が不足しがちなSOHO・中小規模の法人様も是非ご活用ください。

今回のキャンペーンが新型コロナウィルスの影響で厳しい環境に置かれている企業や事業主様の法務負担やリスクを少しでも軽減し、経営安定と雇用継続の一助になれば幸いです。

■AI自動契約書チェックサービス「LawFlow」
弁護士が開発し元裁判官が監修した人工知能(AI)による契約書自動チェックサービスです。自然言語処理に特化したAIが、いつでも契約書の全条文を自動チェックし、瞬時にリスクや必要な条文を教えてくれます。いつでもオンライン上でファーストチェックが出来るため、 企業や個人事業主様の在宅勤務・テレワークによる法務を強化し, 契約にかかる費用と時間を大幅削減できます。

■高まるニーズ
「LawFlow」は2020年3月にAI自動契約書チェックサービスの正式版をリリースし、既に200近いユーザー数を記録しています。現在も右肩上がりで登録ユーザー数は増え続けており、新型コロナウイルスの感染拡大による在宅勤務・テレワーク需要の高まりを受けて法人からの問い合わせも増えております。
ユーザー数増加に伴う契約書データの拡充により、更なる精度向上と対象契約書の種類拡大さらに新機能の追加も順次予定されており、今後も企業や個人事業主様の在宅勤務・テレワークによる法務強化を推進して参ります。
料金や製品に関するご質問は下記アドレス宛にメールでお問い合わせ下さい
【e-mail】office@lawflow.jp

■会社概要
会社名:LawFlow株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿1−14−15 タウンウエストビル9階
代表取締役・弁護士 則竹理宇
URL:https://www.lawflow.jp/
e-mail:office@lawflow.jp
事業内容:リーガルテック関連システムの開発・研究
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LawFlow株式会社 >
  3. 【在宅勤務テレワーク支援キャンペーン】AI自動契約書チェックLawFlowが90日間無料&エンタープライズ版の特別価格設定