「こども六法(弘文堂)」著者による「法律って何だろう?」講座をYouTube上で開始しました

「法学」を学ぶ予定のないすべての人に、楽しくてわかりやすい法律の基本を

合同会社Art&Artsは、「こども六法(弘文堂)」著者による「法律って何だろう?」講座の配信を、2020年4月21日よりYouTube上で開始しました。
■親子で学べる、すべての日本人が知っておきたい法律の基本講座です
​合同会社Art&Artsは、「こども六法(弘文堂)」著者による「法律って何だろう?」講座の配信を、2020年4月21日よりYouTube上で開始しました。
 


本講座は、2019年8月20日に弘文堂より刊行された「こども六法」著者である山崎聡一郎によって提供される「法教育」講座であり、専門的な法学教育を受ける予定のないすべての人が「法律の基本の基本」を楽しく学ぶことができる動画を配信することを目的としています。

■外出自粛期間も、その後も楽しめる「学校では教えてくれない必要知識」を
対象は小学校高学年から中学生、そしてその年代のお子様を持つ父親・母親が一緒に学べることを想定しており、「そもそも法律って何のためにあるんだろう?」という根本的な問いから、身近な問題や知っておいた方がいい法律の基礎知識などを扱います。動画内では「こども六法」の本文を殆ど参照しないため、こども六法をお持ちでない方もご覧いただけます。また、本講座の内容は法教育の基礎講座ですので、外出自粛期間はもちろん、学校が再開された後もお楽しみいただけるコンテンツとなっております。

講師の山崎聡一郎は法律学の専門家ではなく、弁護士でもないため、動画のエンターテイメント性と内容の正確性を担保するため、監修・動画編集に法律系VTuberのじゃこにゃー氏(https://www.youtube.com/watch?v=CsgM7JoOGak)、監修に弁護士の飯田亮真氏(https://allegro-law.jp/)にご協力いただきます。

また、講師の著書である「こども六法」が「法教育を通じたいじめ問題解決」という著者の研究テーマの中で生まれた書籍であることを踏まえ、今後はいじめに関連するコンテンツも順次アップロードすることを予定しています。尚、本講座は「教育研究者」と「ミュージカル俳優」という2つの顔を持つ著者のYouTubeチャンネル上で展開されるため、チャンネル上では法教育の講座と音楽の演奏動画が共存する形となるのが特徴です。

■講義動画は毎週火曜日公開予定
2020年4月21日にはガイダンス動画を公開し、4月28日には講座の第一回となる「法律って何のためにあるの?①」動画を公開しました。


本講座の到達点としては、まずは「日本で生活するすべての人が最低限理解しておきたいこと」を理解してもらうこと、そして法律に興味を持っていただき、「もうちょっと詳しく調べてみようかな」と自発的に法律を学ぶようになって頂くことを最終的な目標としています。今後は毎週火曜日を基本として講義動画の公開を行ってまいります。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社Art&Arts >
  3. 「こども六法(弘文堂)」著者による「法律って何だろう?」講座をYouTube上で開始しました