パクテラ・コンサルティング・ジャパン、徳島インディゴソックスと野球データ活用を目的としたスポンサー契約を締結

パクテラ・コンサルティング・ジャパン株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:杉山 周平、以下パクテラ)と、株式会社パブリック・ベースボールクラブ徳島(球団名称:徳島インディゴソックス、本社:徳島県徳島市、代表取締役社長:南 啓介、以下徳島インディゴソックス)は、AIによる音声・音響分析技術や画像分析技術を用いて、徳島インディゴソックスに所属する監督・コーチ・選手のデータ活用研究や地方創生を目的としてスポンサー契約を締結しました。


グローバルで幅広いIT知見を持つパクテラと、NPBに毎年輩出する、独立リーグの中では今一番実績のある徳島インディゴソックス球団が取り組む事で、各NPBの球団と比較して予算やチーム運営品質の確保に課題がある球団において、チーム独自基準のプレー・クオリティを安定確保する仕組みや、早期チームビルディング手法の確立を目指します。また、段階的に他アマチュア野球団体や少年野球、さらには他スポーツへの応用も視野にいれ、この度で得たノウハウとIT技術を組み合わせ、情報格差、コーチ格差の無い、高いクオリティでの組織づくりをサポートし、地方創生とビジネス共存のカタチを体現する事を考えております。
 

■パクテラが野球データ活用に取組む背景
パクテラ・コンサルティング・ジャパンの代表取締役社長 杉山 周平は、次のようにコメントしています。「これまでもパクテラはAI、機械学習や自然言語解析など最先端の技術力を保有している強みを活かしITサービスを提供してきました。その中で、弊社の持つ強みを異業種でも活かせないかと構想を練っていたところ、南社長率いる徳島インディゴソックスのプロ野球選手輩出への球団努力に自社との共通項を強く感じ、この度スポンサー契約を締結する事になりました。パクテラは今後、徳島インディゴソックスと様々な分野で連携をはかり、更なるデータ活用研究や、徳島の地方創生に取り組んでまいります。」


■徳島インディゴソックス球団がデータ活用に取組む背景
近年、独立リーグでは選手、首脳陣の入れ替わりが活発になってきました。その為、毎年のようにゼロからのチーム作りになる為悩みを抱えていました。徳島球団の大事にしていることを、入団して来てくれる選手、新しく着任してくださる首脳陣に伝え、レガシーとして残して行きながら、更にアップデートして行く為には、パクテラ社の持つ機械学習の技術が必要だと感じ、杉山社長にご相談をさせていただきました。
野球の先発ピッチャーではクオリティ・スタートと言われる言葉があるのと同じく、球団にも一定のクオリティ・スタートたるものがあれば、球団内の共通言語を見える化し、誰もが理解出来るものになり、短い時間軸でのチーム作りに役立てられるのでは無いかと思っております。


■パクテラ×徳島インディゴソックス実証実験開始
徳島インディゴソックスは高解像度カメラで撮影した選手の音声・音響データ、行動データを提供し、パクテラはその各種データに対してAIによる音声・音響分析、行動分析を行う事で、選手に最適なフィードバックを提供することが可能になります。またトラッキングデータをパクテラ独自のナレッジ・マネジメント・システムで管理し、球団関係者が活用できるシステムの研究と実証実験を推進していきます。
また、独立リーグでは監督、コーチ、選手の入れ替わりが激しいため早期でのチームビルディングが課題となっており、パクテラはIT技術や海外のスポーツチームの事例を用いて最適なチームビルディング手法の適用を試行・カスタマイズし、独自のチームビルディング手法の確立を目指します。


■AIによる選手の声掛けの音声・音響分析
選手の練習時や試合中の声掛けの質、音量、頻度などのデータを収集し、そのデータを用いてAIによる音声・音響分析や言語分析を行う事で、声かけと選手パフォーマンスの因果関係を分析し、野球技術外の側面からチームパフォーマンス向上を目指します。
 

          (徳島インディゴソックス攻撃時ベンチでの声掛けを行う選手達)


■AIによる選手の機敏性の行動分析
攻守交代時やバックアップ時の選手の行動データを収集し、そのデータを用いてAIによる行動分析を行う事で、選手のパフォーマンスを測定していきます。理想のバックアップ時行動と比較し、個々のデータを選手にフィードバックすることで、選手のパフォーマンス向上に繋げます。

 

              (徳島インディゴソックス守備時の選手達)


■今後の展望について
パクテラは野球選手、監督、コーチの行動や知見、セイバー・メトリクス・データを収集/分析し続け、選手指導や育成における画期的手法の体系化を目指します。またデータを活用して生み出した新サービスを選手やファンに提供することで、徳島インディゴソックスのブランディング価値向上に寄与します。それが結果として、新スポンサーの獲得や有望な入団者の獲得に繋がり、最終的にはドラフト指名選手の増加に繋がると信じております。グローバルで幅広いIT知見を強みとするパクテラと、プロ野球に毎年数名を輩出する名門チームの徳島インディゴソックスが協働し、新たな好循環を生み出して社会へ貢献してまいります。
 



■Pacteraグループについて
Pacteraは、グローバルで約30,000名の従業員を擁する中国最大のITソリューションカンパニーであり、デジタルコンサルティング、UXインタラクション、IT実装、運用サービスなどの各種サービスをグローバルのお客様へ提供しています。製造、保険、通信、ハイテク、金融、インターネットなどの業界での豊富な経験を活用し、Fortune 500企業のうち150社以上と長期的な取引関係を確立しています。グローバルでの知見を活かし、コンサルティングからデジタルソリューション導入、運用保守のオフショア活用によるコスト効率化まで、一気通貫で企業の変革を支援致します。

【本件に関する報道関係者からの問い合わせ先】
株式会社パブリック・ベースボールクラブ徳島
TEL:088-679-8915
Website:https://www.indigo-socks.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 徳島インディゴソックス >
  3. パクテラ・コンサルティング・ジャパン、徳島インディゴソックスと野球データ活用を目的としたスポンサー契約を締結