ソニーPCL 新たな表現手法の発信拠点となる「清澄白河BASE」を2021年度内に開設

ソニーピーシーエル株式会社(以下、ソニーPCL)は、バーチャルプロダクション(※注1)の国内拠点として、また先端技術により新たな表現手法や体験を生み出し発信する場として、「清澄白河BASE」(住所:東京都江東区石島2番14号)を2021年度内に開設します。

「清澄白河BASE」は、ソニーのLEDディスプレイ「Crystal LED」を使用した国内初(※注2)となる常設のバーチャルプロダクションスタジオをはじめとする先端技術と制作機能を有するソニーPCLの新たなクリエイティブ拠点です。

この「清澄白河BASE」を通じて、ソニーPCLは、先端技術とクリエイティブを繋ぎ新たな表現手法を追求・実現し、想像を超えるコンテンツと感動を生み出していきます。

※注1  大型LEDディスプレイ、カメラトラッキングとリアルタイムエンジンを組み合わせた撮影手法のひとつ。主に3DCGで作成した背景(バーチャル背景)を大型ディスプレイに表示し、その手前に実際のオブジェクトや人物を配置してカメラで再撮影することで、背景に映し出された場所で実際に撮影したかのような映像を制作する技術。
※注2  2021年10月14日現在、ソニーのCrystal LEDを導入した国内のバーチャルプロダクションとして。
「ソニー」および「SONY」は、ソニーグループ株式会社の登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニーピーシーエル株式会社 >
  3. ソニーPCL 新たな表現手法の発信拠点となる「清澄白河BASE」を2021年度内に開設