ミャンマー情勢と今後の発展について、オンラインイベントを開催

軍事クーデターが起きた背景とは

国連大学は2月18日(木)に、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)教育研究所のマリー・ラール教授との対談「ミャンマーの今後の行方」をオンラインにて開催いたします。なお、本イベントは英語のみで行われ、日本語への通訳はございませんのでご了承ください。【詳細はこちら:https://bit.ly/3apDVGN
先日ミャンマーで起きた軍事クーデターで、アウン・サン・スー・チー国家顧問ら政府指導者が拘束されました。一見唐突にも思える出来事だったかもしれませんが、軍とスー・チー氏が率いる国民民主連盟(NLD)の間では、歴史を振り返っても対立が続いてきました。今後のミャンマーの民主化、そして社会的・経済的発展は、どうなるのでしょうか。

今回の対談では、ミャンマーで起きた軍事クーデターと今後の改革の行方について、ラール教授と国連大学のサビーネ・ベッカーティエリー学長室長が話し合います。

イベント概要
  • 日時:2021年2月18日(木)18:30-19:00 
  • 場所:オンライン
  • 言語:英語
  • 参加費:無料
※参加登録には人数制限がありますので、予めご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 国際連合大学 >
  3. ミャンマー情勢と今後の発展について、オンラインイベントを開催