GOOD COFFEE FARMS「新型コロナで大打撃を受けたコーヒー生産者を救う自転車コーヒープロジェクト」8月6日よりクラウドファンディングを開始

日本を代表する3名の焙煎士が焼くコーヒー豆セットを限定販売します。

グアテマラ発スペシャルティコーヒーを生産するGOOD COFFEE FARMS株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:カルロス・メレン、以下GOOD COFFEE FARMS)は、新型コロナウィルスで大打撃を受けたコーヒー生産者が自給自足をしたり副収入を得たりすることのできる土地や肥料、作物の種を至急整備するべく、「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」にてクラウドファンディングプロジェクトを2021年8月6日(金)より1ヶ月間実施いたします。このプロジェクトには日本を代表する3名の焙煎士が協賛し、彼らの焼く焙煎豆をリターン品として支援者にお届けいたします。

 


■プロジェクトページ(8月6日公開):https://camp-fire.jp/projects/441679/preview?token=2qhkr7i9
 
  • プロジェクト開始の背景

世界中で広く愛され、日本でも1週間に平均12杯(*)も飲まれているコーヒーですが、生産や流通の現実、生産者が直面する課題について語られることは多くありません。コーヒーの取引は日々大きく変動する市場価格に左右され、また気候変動や疫病に対応するため生産コストは年々上昇し、ノウハウや体力のない小規模生産者にとっては

より厳しい状況が続いていました。

(*)全日本コーヒー協会『コーヒーの需要動向に係る基本調査』より

 

このような状況下、新型コロナウィルスが中米のコーヒー生産国グアテマラでも猛威を振るっており、ロックダウンによる移動規制で労働力の確保が難しくなったことに加え、日用品の価格も高騰したことで、生産者の生活はさらに厳しくなりました。また、日本同様の医療環境が整っておらず、国からの補助金もままならない中、外出制限による心理的負担も計り知れません。

 

さらに、日本ではコーヒーショップの休業や各種イベントの開催延期等により充分な需要が確保できず、日本へのコーヒー輸出量を昨年の半分にまで減らさざるを得なくなりました。しかし、現地メンバーはGOODなコーヒー(*)を日本に届けることに誇りを持っており、士気を下げることなく高品質のスペシャルティコーヒーを仕上げています。この誇りを持続可能なものにしていくために、少しでも彼らの生活を安定させてあげる必要があると強く感じました。

(*)下図参照

 

 

  • プロジェクトで目指すこと

「コーヒー生産者がトウモロコシをつくれる畑を至急整えます。」
 

コーヒーの収穫期は年1回のため、多くの生産者は繁忙期以外にその他の職で生計を立てていますが、新型コロナによる移動制限で職を探すのはより困難になっています農地を持っていれば、農作物を食料として消費したり商品として追加の収入を得たりすることができますが、そのような土地を持っている生産者はごく少数です。

そこで、土地を借りて肥料や種と併せて現地メンバーに支給することが、少しでも生活を安定させる方法のひとつだと彼らと話し合いました。既に、今春に4,000坪(サッカー場約2個分の広さ)の農地を借り、主食であるトウモロコシの栽培を開始しました。しかし、この広さではGOOD COFFEE FARMSの所属メンバー数十名分の量しか生産できないため、クラウドファンディングを活用し、所属メンバー全員の生活を支えることができるよう追加で10,000坪の農地を借りることを目的としたプロジェクトを実施することにいたしました。

■プロジェクト期間: 2021/08/06(金)11:00公開 〜 2021/09/05(日)23:59終了

今春に借りた4,000坪の農地ではトウモロコシの生長が始まっています今春に借りた4,000坪の農地ではトウモロコシの生長が始まっています

 

  • 日本を代表する焙煎士が焼くコーヒー豆

コーヒーを楽しむ人たちが心からおいしいと思えるGOODなコーヒーを届けるには、わたしたちのコーヒーのポテンシャルを最大限に引き出してくれる焙煎士の存在が不可欠です。本プロジェクトでは、日本を代表する3名の焙煎士が取り組みに賛同してくださり、わたしたちのコーヒーを焙煎いたします。

LEAVES COFFEE ROASTERS(東京)

 

「町のロースタリーから世界へ」をコンセプトに、東京・蔵前より、地域に寄り添いながら世界水準の品質でコーヒーを提供されています。焙煎機は、1950年代ドイツ製のこだわりのPROBAT UG-15と、兼ねてから焙煎大会で世界一を取ることを公言されており、大会標準機であるGIESEN W6Aの2台を使用されています。

 


代表 石井 康雄 様のコメント
「代表カルロスの想うコーヒーに対する情熱と、彼らのサステナブルな取り組みが、自分がコーヒーに対して考える想いにリンクする所があり、今回応援させてもらう事にしました。特に僕が感じた彼らのコーヒーの魅力は、欠点豆が驚くほど少なかった事。彼らの丁寧な仕事への取り組みが手に取って見えた瞬間でした。僕は、最近感じている地球環境に対する問題を、生業であるコーヒーを通して少しでも解決に導いていければ良いなと思っています。一人でも多くの人がGOOD COFFEE FARMSの取り組みを通して興味関心を持ち、アクションを起こすきっかけになってもらえたら嬉しいです。」

Kurasu(京都)
海外にも複数店舗を構え、焙煎したコーヒー豆は世界25カ国以上に販売、京都を拠点に世界に向けて日本のコーヒー文化を精力的に発信されています。コーヒーの素晴らしさをより多くの人に伝えたいと熱く語る代表の大槻さんの姿を見ると、Kurasuが国内外で広く愛されている理由が良くわかります。

 

代表 大槻 洋三 様のコメント
「私たち消費国はコーヒーの美味しさやその一杯がもたらす幸せな体験に日々恩恵を受けています。ただそれが必ずしも生産国に反映されていないのも現状です。GOOD COFFEE FARMSはその現状を根本的に改善させようとしており、その試みはコーヒー生産の未来のあるべき姿だと感じています。Kurasuとしても安心して買い付けができ、信頼できるパートナーとしてこのプロジェクトを応援したいです。」

豆ポレポレ(沖縄)
コーヒーの焙煎技術を競う世界大会で準優勝を果たした代表の仲村さんが、地元・沖縄で世界水準のコーヒーを提供されています。コーヒー豆が育ってきた環境や作り手の個性を最大限に引き出すことでコーヒーはおいしくなる、と飽くなき探究心で日々プロフェッショナルに磨きをかけられています。

 

代表 仲村 良行 様のコメント
「『今』という視点ではなく『未来』へcoffeeをとおして環境や生産者のために持続可能な取り組みがとても素晴らしいと思います。僕は小さな焙煎店を営んでいますが、僕たちの珈琲のお仕事を通してこの取り組みに、たずさわり応援できることをとても嬉しく思います。」
 

  • GOOD COFFEE FARMSについて

グアテマラの家族経営の小規模農家と共にスペシャルティコーヒー(*)を生産しているコーヒー生産者団体。水・電気・燃料を使用しない自転車脱穀機「ドライ・バイシクル・パルピング」を開発し、従来から課題となっていた大規模な精製手段の壁を打ち破り、環境問題の解決に貢献できるだけでなく、金銭的余裕やノウハウの少ない小規模農家も参入できる世界初となる枠組みを構築。
(*)全ての段階において一貫した体制・工程・品質管理が徹底しており、カッピング(試飲)評価シートに基づいたスコアが80点以上のコーヒー豆

 

Coffee Changing The World™(コーヒーで世界を変えよう)をスローガンに、今後も小規模生産者一人ひとりがビジネス/フランチャイズオーナーとして共に成長できることを目指し、情報提供やイノベーションを通じて、より多くの生産者が機会を得られる仕組みをつくっていきます。


昨今SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)の認知度が急速に高まってきたことで、わたしたちのGOODなコーヒー豆づくりも身近に感じていただきやすくなったように思います。わたしたちの取り組みはSDGsの目指す方向性と一致しており、また仲介業者を全く介さないため、GOODなコーヒーを飲むことでダイレクトにSDGsの目標達成に貢献することができます。
 


GOOD COFFEE FARMS株式会社
代表取締役:カルロス・メレン
所在地:東京都中央区八重洲2-6-21三徳八重洲ビル10階
HP:https://www.goodcoffeefarms.com/
Instagram:https://www.instagram.com/goodcoffeefarms/
twitter: https://twitter.com/goodcoffeefarms

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GOOD COFFEE FARMS株式会社 >
  3. GOOD COFFEE FARMS「新型コロナで大打撃を受けたコーヒー生産者を救う自転車コーヒープロジェクト」8月6日よりクラウドファンディングを開始