Payoneer、Mastercardとの提携により中小企業向けに事業用デジタルデビットカードを提供

Payoneer 事業用デジタルデビットカードは、中小企業による事業拡大への活用と効率化によってデジタルマーケットプレイスやプラットフォームにも価値をもたらします

2021年3月10日ニューヨーク - 世界中の何百万ものデジタルビジネスの成長を後押しする、グローバル決済およびグローバル商取引を可能にするプラットフォームであるPayoneer Inc.(以下ペイオニア)は3月10日(米国時間)、Mastercardとの多面的な提携を発表しました。あらゆる地域の中小企業、Eコマース販売業者、フリーランス向けにカスタマイズされたPayoneer Digital Purchasing Mastercard(以下 Payoneer 事業用デジタルデビットカード)を始め、B2B市場のニーズをさらに満たしていくため、PayoneerとMastercardは密接に連携していきます。
※2021年3月現在、日本で本サービスを提供する予定はございません。
今回の提携は、PayoneerがSPAC(特別買収目的会社)との合併による株式公開の発表直後に明らかにされたものです。本合併によりPayoneerの企業価値は約33億ドルになっています。また、本提携により、MastercardからPayoneerへ革新的な新商品や各種恩恵がもたらされ、顧客ニーズを一層満たすことができるようになります。MastercardはPayoneerの世界的なB2Bネットワークでのシェアを活用し、500万社以上からなる企業エコシステムにアクセスできるようになります。

新しいPayoneer 事業用デジタルデビットカードによって、Payoneer経由で支払いを受け取る企業は、以下のメリットを得ることができます。
  • アカウントに入金された資金を、自社のビジネス成長につながるFacebookやGoogleなどのデジタル広告プラットフォームにすぐに利用することができます。
  • Mastercardを利用できる場所であれば、世界中どこでも購買ができるため、カードをモバイルウォレットに接続することができます。
  • 複数のカードを利用できるため、複数のプラットフォーム、ストア、商品ラインにまたがる、ビジネスの経費管理を効率化できます。
  • バーチャルカードの利用が可能であるため、デジタル決済需要が急増する中で、中小企業に対して、支払い方法や支払い受領方法の選択肢の拡張を提供します。

Payoneerの最高戦略責任者であるCharles Rosenblattは、次のように述べています。「今回のMastercardとの提携は、マーケットプレイスでの販売やB2Bコマースで得た資金を使用する方法として、新たな簡単な方法をお客様に提供するために不可欠なステップとなります。Payoneer 事業用デジタルデビットカードの立ち上げにより、世界中のお客様は、オンライン広告やその他のデジタルサービスへの支払いだけでなく、サプライヤーに対する異なる支払い方法を利用することも可能になります。グローバルにサービスを拡大する弊社がMastercardと提携したことで、マーケットプレイスや中小企業に対して最高のソリューションを提供できることを大変嬉しく思います」

Mastercardのデジタルパートナーシップ統括責任者であるSherri Haymondは、次のように述べています。「弊社は、企業や消費者の進化するニーズに対応するため、より速く、より便利で、より安全なデジタル決済の実現に注力してきました。Payoneerと緊密に協力しながら、Payoneerの大きな市場シェアとMastercardのネットワークの力を組み合わせることで、重要な中小企業セグメントに、これまで以上に取り組んでいけることに期待しています」

既存のPayoneerプリペイドMastercardをお持ちの方は、お持ちのカードを引き続きご利用いただくにあたり、一切の手続きは不要です。今回の事業用デジタルデビットカードは、2021年後半にはさらに広くご利用いただけるようになる予定です。

Payoneer 事業用デジタルデビットカードおよび今回の提携について詳しくは、以下の英語サイトにて原文をご覧ください。 https://explore.payoneer.com/en/solution/digital-purchasing-mastercard/

注意:2021年2月、Payoneerは、FTAC Olympus Acquisition Corp (NASDAQ: FTOCU) との間で組織再編契約を締結しました。当該取引の結果、Payoneerは米国の株式公開企業になる予定です。当該取引は、通常の取引完了条件を満たすことを条件に、2021年第2四半期に成立する予定です。

ペイオニア(Payoneer)について
Payoneerのミッションである「Go beyond」とは、さまざまな境界や限界、期待を超えるサポートをお客様に提供することです。今日のデジタル世界において、Payoneerは、あらゆる規模の企業がどこからでも、国内と同じようにグローバルな取引を簡単に行えるようにすることで、新たな経済的機会にアクセスできるようにします。

Payoneerのデジタルプラットフォームは、190もの国と地域における数百万の中小企業、マーケットプレイス、大手企業の国際商取引を効率化させています。コンプライアンスを遵守し、安定したテクノロジー、オペレーション、金融基盤を備えるPayoneerは、国際商取引決済、ワーキング・キャピタル、税務ソリューション、リスク管理に関する一連のサービスを提供しています。Payoneerは、新興市場の意欲的な起業家から、Airbnb、Amazon、Google、Upworkなどの世界有数のデジタルブランドに至るまで、さまざまな顧客のビジネス拡大を支援し、グローバルな商取引を簡単かつ安全なものにしています。2005年に設立されたPayoneerは、世界中に拠点を持っています。

2021年2月、Payoneerは、FTAC Olympus Acquisition Corp (NASDAQ: FTOCU) との間で最終的な合併契約を締結しました。当該取引の結果、Payoneerは米国の株式公開会社となります。当該取引は、通常の取引完了条件を満たすことを条件に、2021年前半に成立する予定です。

ペイオニアの詳細は、以下をご覧ください。
https://www.payoneer.com/ja/

 ※日本では提供されていないサービスも含まれています。

Mastercard (NYSE: MA) 会社概要
Mastercardは決済業界のグローバルテクノロジーカンパニーです。私たちの使命は、トランザクションを安全、シンプル、スマート、アクセス可能なものにすることで、あらゆる場所のすべての人に利益をもたらす包括的なデジタルエコノミーを実現し、強化することです。安全なデータとネットワーク、パートナーシップ、情熱とともに、消費者、金融機関、政府、企業が最大限の可能性を実現するための革新とソリューションを提供します。私たちのDQ(decency quotient:良識指数)は、社風や社内外で行うすべてのことに影響を与えます。世界210を超える国と地域とのつながりを通じて私たちは、すべての人々にとって貴重な可能性を解き放つ持続可能な世界を構築していきます。
https://www.mastercard.com

将来見通しに関するご注意事項
本プレスリリースには、Payoneerの代表者らによる口頭での声明が含まれており、「将来予測に関する記述」とみなされる場合があります。将来予測に関する記述とは、一般的に、将来の事象もしくはPayoneerの将来の財務実績、営業実績に関するものです。場合によっては、将来予測に関する記述を、「かもしれない」、「はずである」、「期待する」、「意図する」、「予定する」、「推定する」、「予想する」、「信じる」、「予測する」、「可能性がある」、「継続する」などの用語、またはこれらの用語の否定形または変形、あるいは類似の用語によって特定できます。これらの将来予測に関する記述は、リスクや不確実性、その他の要因により、実際の結果がこれらの将来予測に関する記述に明示的または暗示的に示されたものと大きく異なる可能性があります。これらの将来予測に関する記述は、Payoneerおよびその経営陣が合理的であると考えているものの、本質的に不確実な推定や仮定に基づいています。実際の結果が現在の予測と著しく異なる可能性がある要因には、以下が含まれますが、これらに限定されるものではありません。(1) Mastercardとの関係の終了を引き起こす可能性のある事象、変化、その他の状況の発生、(2) 「リスク要因」及び「将来予測に関する記述についての注意」の項に記載されたその他のリスク及び不確実性、ならびに2021年2月16日にNew Starship Parent Inc.が提出した委任状に記載されたその他のリスク及び不確実性。本プレスリリースのいかなる内容も、ここに記載されている将来予測に関する記述が実現すること、またはそのような将来予測に関する記述で意図されている結果が実現することを表明しているとみなすものではありません。将来予測に関する記述は、その記述がなされた時点でのものであり、過度に信頼すべきものではありません。Payoneerは、これらの将来予測に関する記述を更新する義務を負いません。

*2021年3月10日に米国Payoneer Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。

本原稿はPayoneer本社プレスリリースの原稿を抄訳したものです。本記事の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語を優先します。

英語のプレスリリース:
https://www.businesswire.com/news/home/20210310005151/en/Payoneer-Selects-Mastercard-to-Offer-Digital-Solutions-to-Small-and-Mid-Sized-Businesses
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ぺイオニア・ジャパン株式会社 >
  3. Payoneer、Mastercardとの提携により中小企業向けに事業用デジタルデビットカードを提供