透かし文字でPC画面を撮影・キャプチャされる脅威に対策、情報漏洩行為を防止する「スクリーンウォーターマーク」を「第18回 情報セキュリティEXPO 春」にて展示します。

~ 日本最大規模の情報セキュリティ専門展「第18回 情報セキュリティEXPO 春」に出展。PC画面、印刷物からの情報漏洩対策や、不正アクセス、マルウェア対策などの総合的なセキュリティ製品・サービスを展示 ~

株式会社サイバーフォートレス(本社:東京都千代田区、代表取締役:中井貴大)は、2021年4月26日(月)~28日(水)の3日間、東京ビッグサイト 西展示棟4階(西3・4ホール)で開催される「第18回 情報セキュリティEXPO 春」へ出展いたします。

 

サイバーフォートレスでは、今年1月より販売を開始した、透かし文字・画像(ウォーターマーク)をPC画面に表示する「スクリーンウォーターマーク(ScreenWatermark)」に加え、UTMや、IPS/IDSなどセキュリティ機器を24時間365日、お客様に代わり監視・対応を行う「マネージドセキュリティサービス(Managed Security Service)」、セキュリティに特化したAI機能「SPIDER TM AI Adtion」、そしてそのAI機能を最大限発揮できるSIEM「SPIDER TM」を展示いたします。

■無料招待券ダウンロードサイト
https://www.japan-it-spring.jp/ist_ex_einv_emv/

 

■出展内容
・PC画面、印刷物からの情報漏洩対策「スクリーンウォーターマーク」の紹介
透かし文字、画像をPC画面に表示させ、カメラやスマートホンによる画面の盗撮、スクリーンショット(画面キャプチャ)の取得など、悪意あるユーザーに「すぐに見つかる」という警戒心を持たせ、機密情報流出につながる情報漏洩行為を防止する「スクリーンウォーターマーク」を展示しご紹介いたします。
 

 



スクリーンウォーターマークではユーザーごと、部署ごとにウォーターマークの内容を分けることもでき、他にも、スクリーンショットを取得した画像に目には見えないウォーターマークを埋め込む機能、スクリーンショットを取得した場合、誰がスクリーンショットを取得したのか確認できるログ管理機能、印刷物に自動で透かし文字・画像を出力する機能など、数多くの機能を持っています。

デモンストレーション用にPCも設置いたしますので、実際に触っていただき、その操作性、機能面をご確認いただけます。

 


特設サイト:https://screenwatermark.jp/

・お客様に代わり、不正アクセスなどの攻撃を検知・対応する「マネージドセキュリティサービス」の紹介
24時間365日、お客様に代わりセキュリティ機器から出力されるログを弊社セキュリティオペレーションセンター(SOC)にてリアルタイムに監視し、攻撃を検知した場合、迅速に連絡、対応を行いセイバー攻撃の被害を抑える「マネージドセキュリティサービス(MSS)」についてご紹介いたします。

セキュリティ運用は人材の確保、環境整備など、自社で対応することは簡単ではありません。しかし、サイバー攻撃は年々増加しており、その攻撃方法も巧妙化しています。セキュリティ機器、製品を設置するだけでは検知することが難しくなってきています。

弊社の「マネージドセキュリティサービス」では、複数のセキュリティ機器・製品を総合的に監視することで、1つの機器、製品では検知しづらい攻撃を検知いたします。特徴やサービス内容など説明させていただきます。

・セキュリティに特化してAI「SPIDER TM Ai Edition」の紹介
セキュリティ運用を学習したAIが、数多く発生するセキュリティアラートを分析し、そのアラートの危険度を判定します。そして、日々のアクセス状況などを学習する為、通常とは違うアクセスなどを検知することが出来る「SPIDER TM Ai Edithon」をご紹介いたします。

大量に発生するセキュリティアラート、しかしその多くは誤検知(害のないアクセスを攻撃として検知すること)など、関係のないアラートが多く含まれています。こうしたアラートをAIが判定しすることで、本当に危険度の高いアラートから対応できるようになり、セキュリティ運用効率を最大限引き出すことが可能になります、
こうした特徴や機能について説明させていただきます。

・長年の実績を持つSEIM「SPIDER TM」のご紹介

 

多種多様なセキュリティ機器、製品から出力されるログを収集し、相関分析からの攻撃を検知することが可能な次世代のSIEM「SPIDER TM」をご紹介いたします。

セキュリティ機器、製品によって異なる多種多様なログを取り込むことが可能で、膨大なログも高性能ファイルDBで素早い検索を可能とします。高度な分析エンジンから複数の機器のログを相関的な分析を可能とし、一つの画面でインシデント関する情報を検索、分析することが可能になります。また、多様なアクセスを可視化する「3Dダッシュボード」機能もあり、セキュリティ運用を支援します。

実際の画面と3Dダッシュボードを展示いたします。操作性や機能、どのように可視化されているかご確認いただけます。



■開催概要
『第18回 情報セキュリティEXPO 春』
・日時:2021年4月26日(月)~28日(水)10:00~18:00 (最終日のみ17:00終了)
・会場:東京ビッグサイト 西展示棟
・出展ブース(小間番号):16-73
・入場料:無料(事前に招待券をご用意ください)
 招待券ダウンロードサイト:https://www.japan-it-spring.jp/ist_ex_einv_emv/
・公式URL:https://www.japan-it-spring.jp/ja-jp/about/ist.html


株式会社サイバーフォートレスについて
URL:https://www.cyberfortress.jp/
〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-4-3 リードシー秋葉原ビル5階
代表者:中井貴大
設立:2014年3月
事業内容:セキュリティソリューション事業、システムインテグレーション事業
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サイバーフォートレス >
  3. 透かし文字でPC画面を撮影・キャプチャされる脅威に対策、情報漏洩行為を防止する「スクリーンウォーターマーク」を「第18回 情報セキュリティEXPO 春」にて展示します。