【新型コロナウイルスへの効果を確認】前田工繊製、抗ウイルス加工不織布「ボナレックス®」にて試験

ボナレックス®は、繊維1本1本が抗ウイルス効果を有する前田工繊オリジナル不織布です。

不織布メーカーの前田工繊株式会社(本社:東京都港区、社長:前田尚宏)が開発、製造する、抗ウイルス加工不織布「ボナレックス®」が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対し抗ウイルス効果が認められたのでお知らせ致します。
※ボナレックス®は前田工繊の登録商標です。

●新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する試験結果

試験ウイルス Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2)
試験素材 ボナレックス®
結果 ウイルス減少率99.9%以上
試験機関 一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター
試験方法 JIS L 1922 「繊維製品の抗ウイルス性試験方法」準用
(ウイルスを含む液体を接種後25℃で2時間放置)

※SARS-CoV-2は、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」を引き起こすとされるウイルスの名称です。
 

●抗ウイルス加工不織布「ボナレックス®」について

メカニズム ウイルスの細胞への吸着原理を利用した構造をしており、
ウイルスに素早く吸着してエンベロープに変化を生じさせることにより、
ウイルスを不活化します。
安全性 経口毒性試験
変異原性試験
皮膚刺激性試験
皮膚感作性試験及び皮膚貼付試験

全て基準を満たしています。

【注意事項】
・抗ウイルス加工は、病気の治療や予防を目的とするものではなく、またウイルスの働きを抑制するものではありません。
・本試験は抗ウイルス加工不織布「ボナレックス®」にて測定した結果です。
結果や参照を特定の商品と関連付けて表示した場合、薬機法(医療品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)、景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)等に抵触する恐れがあります。
・本試験の結果等については、無断での転載及び利用は固くお断りします。
・転載、利用等を行っている一切の第三者の表示物・ウェブサイトについて関知するものではありません。

 

【会社説明】
当社は、1972年の設立以来、インフラ(社会資本)の整備・維持に携わる会社として、土木資材の製造・販売ならびに各種繊維を原料とした産業資材および不織布の製造・加工・販売を行うことで業容を拡大してまいりました。不織布におきましては、1980年代にマスク等の衛生資材に使用されている「スパンボンド不織布」を生産した会社です。その他、一般産業資材用途から衛生資材用途まで幅広く生産しており、身近な製品にも、前田工繊の不織布が多数使用されています。


【本品に関するお問合せ】

前田工繊株式会社 不織布営業部 東京営業グループ
〒 105-0011
東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビルA館12F
TEL:03-6402-3941
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 前田工繊株式会社 >
  3. 【新型コロナウイルスへの効果を確認】前田工繊製、抗ウイルス加工不織布「ボナレックス®」にて試験