新電元工業「SDQC2F60シリーズ」販売開始。EV急速充電器に待望の普及モデル。

~薄型で60kW出力を実現~

新電元工業は、最大出力60kWのEV急速充電器SDQC2F60シリーズ、「SDQC2F60UT3210-M」の販売を開始します。
従来の製品ラインナップでは、大出力のEV急速充電器の製品化でEV充電の時間短縮に貢献してきました。新開発のSDQC2F60シリーズは、設置性や集客性を追求した普及モデルとなります。大出力モデルだけではカバーしきれなかった設置スペースに対応することで、EV急速充電スポットのさらなる普及拡大に貢献します。

◆詳細はこちら:
https://www.shindengen.co.jp/products/new/2021/ev2f60u.html

 

 

■ 概要
環境意識への高まりとともに、走行中に地球温暖化の原因物質を排出しないEV(電気自動車)が注目を集めています。その普及拡大に向けた課題のひとつに、充電インフラの整備があげられます。
急速充電器を設置するために必要なスペースには、充電器本体の大きさにくわえ、保守のための離隔距離が必要です。このため、都市部の商業施設や駐車場などの狭小地において、充電器設置ニーズがあるなかで、導入困難な場所が数多くあります。
このような市場のニーズに対応するため、狭小地にも設置可能とすることでEVユーザーの利便性を追求するコンセプトで開発しました。近くて便利な充電スポットなら、より多くの立ち寄り利用を呼び込み、充電設備の稼働率と集客性を向上させる導入効果が期待できます。

SDQC2F60シリーズは、最大の特長となる操作面幅35cmの薄型フォルムにくわえ、背面側は保守スペース不要な構造とすることで、既設の駐車区画や壁際といった「隙間スペース」への設置性を大幅に向上させました。マルチアウトレット方式による2台同時充電にも対応するとともに、奥行き約1.8mの薄型フォルムを活かしたケーブル引き回しにより、最大4台分の駐車区画をカバーできます。充電待ちのリスクが減り、いつでも充電できる安心感を提供できます。


【狭小スペースへの設置イメージ】
 

 

 

【壁際への設置イメージ】
 

■ 特長
・豊富な設置バリエーション
 狭小スペースにも設置可能なサイズ、形状を実現。
・マルチアウトレット(2出力)
 60kWの充電出力を2台の車でシェアできます。充電待ちのリスクが減り、いつでも充電できる安心感を提供。
・低圧受電制限制御機能
 設定により最大受電電力を50kW未満に制限することで、低圧受電契約も可能。
・防塵フィルターレスによるメンテナンスの簡易化
・高変換効率93.5%(※)
・重塩害塗装を標準採用
・寒冷地対応(-20℃~)を標準装備
・言語選択機能:日本語、英語、中国語に対応

(※)入力AC210V、出力DC450V/125A出力時

■ 発売開始

2021年7月1日

■ 新電元工業株式会社について
新電元工業は、1949年の設立以来、パワー半導体やスイッチング電源などパワーエレクトロニクスを主な事業領域として、独創的な技術を活かした数多くの製品を開発し、世界各国のお客様の期待と信頼にお応えしてきました。
これからも半導体技術、回路技術、実装技術を併せ持つ世界でも稀なメーカーとしてコア技術を融合し、発展・応用させていくことで、持続可能な社会の実現の一翼を担う製品をご提供していきます。詳細については新電元工業のウェブサイト(https://www.shindengen.co.jp/)をご覧ください。

■ お客様からのお問い合わせ先
新電元工業株式会社 営業統括部 販売促進課
ps-sales@shindengen.co.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 新電元工業株式会社 >
  3. 新電元工業「SDQC2F60シリーズ」販売開始。EV急速充電器に待望の普及モデル。