ヒロラボ、コーンズグループにおける部長や課長のマネジメント能力強化に向けたManagement 3.0受講事例を公開

組織変革支援のヒロラボが長や課長のマネジメント能力強化に向けてコーンズグループ横断でManagement 3.0を提供

 ヒロラボラトリー合同会社(東京都中央区、代表者:渡辺 博司、以下 ヒロラボ)は、コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド(日本本社:東京都港区、代表取締役社長 渡 謙作)及びグループ企業の部長職、課長職を対象としたマネジメント能力の強化に向け、Management 3.0を提供いたしました。

 本研修にまつわるお客様のインタビュー記事を本日2023年1月10日よりヒロラボ社のWebサイトにて一般公開いたしました

インタビュー記事ページ
Webサイト:https://hirolaboratory.com/testimonials_corns_management30/
 


【お客様Webサイト】
コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド
https://www.cornes.co.jp/

以下、インタビュー抜粋となります。

■受講背景
 我々の組織では、日々すぐに火消しが必要といった喫緊の課題が発生しないようにして努めています。同時に、その状態を維持できるよう、有効な組織・人材開発の情報を常に積極的に入手するようにしています。ヒロラボ社より内容を聞き、感覚的にこれまで実施してきた研修に被ることなく、新しい考えを社内に浸透できるのではないかと思い受講を決めました。

■受講効果
 今回受講した Management 3.0 の研修内容は、組織運営に関する[アジャイル]とは何か?という疑問を解決してくれる素晴らしいものであったと感じました。日本の大企業は、見通しが立てづらい現代で生き延びていくために、 Management3.0 を通して変化への対応方法をしっかりと学んでいくべきだと、研修を受けて改めて思いました。

■今後の方針について
 オンラインの研修でありながら、グループワークなども円滑に遂行していただいた点もよかったです。コロナ禍で全体研修が全くできずにいたのですが、オンラインでも十分に研修ができると知れた点は、個人的に大きな収穫だったなと思いました。
今後については、まずは学んだ内容をそれぞれのチームで少しずつ実践していきたいと考えています。定点観測をしながら変化を計測し、会社の方向性やチームの方向性をうまくすり合わせながら組織や人材の開発を強化していければと考えています。

インタビュー記事内では、1000人を超えるグループ企業の中から、なぜ企業横断でメンバーを集めたのか、受講の結果としてどんな変化が起こったのかを収めております。


■ヒロラボについて
【成果が出る職場になるための組織変革支援】をコンセプトに
「システム × 手法 × 文化」と組織変革に必要な3つの要素を提供しております。

具体的には
  • システム:Asanaのライセンス販売、導入支援
  • 手法:GTD®トレーニングの提供
  • 文化:Management3.0トレーニングの提供
を中心にサービスを提供しております。
それぞれのサービスを組み合わせてIT導入補助金として申請し、最大150万円の補助を受けることも可能です。

社名:ヒロラボラトリー合同会社
代表者:渡辺 博司
所在地:東京都中央区銀座1-22-11 銀座大竹ビジデンス 2F
URL:https://hirolaboratory.com/
GTDトレーニング紹介URL:https://hirolaboratory.com/service/gtd/
Management 3.0紹介URL:https://hirolaboratory.com/service/management30/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヒロラボラトリー合同会社 >
  3. ヒロラボ、コーンズグループにおける部長や課長のマネジメント能力強化に向けたManagement 3.0受講事例を公開