AutoStore、急速に変化する倉庫のニーズに対応するため、ビンのハンドリング機能を拡張した「R5+」ロボットを発表

R5モデルの実績あるテクノロジーをベースに開発された新しいロボットが、425mmまでのビンに対応
ウェアハウスオートメーションのリーディング企業であるAutoStore(日本法人:オートストア システム株式会社、社長:鴨弘司、以下、「オートストア」)は、この度「R5+」 ロボットを発表しました。この新しいロボットは、220mm, 330mmに加え、AutoStoreシステムの中で最も背の高い425mmまでのビンを扱うことができるため、倉庫での大きなアイテムの管理を可能にします。これまでは、AutoStore B1ロボットを導入した場合にのみ利用可能なプレミアム機能を、この度R5+でグローバルに利用可能となりました。


R5+は、この新しい機能をR5が10年以上にわたって実証してきた信頼性と最高水準のパフォーマンスと共にお客様に提供します。AutoStoreは、この度 シューズなどのフットウェア、半導体、その他同様のアプリケーションなど、より幅広い市場で事業を展開している企業に対して、より経済的に競争力の高い製品をリリースします。R5+に425mmのビンを搭載した場合の最大グリッド高さは、R5に330mmのビンを搭載した場合のグリッド高さよりも若干高くなり、14層のビンで構成されるグリッドの高さは約6,044mmとなります。

AutoStoreのチーフプロダクトオフィサーであるCarlos Fernándezは、次のように述べています。
「最もシンプルなソリューションが、最大の変革をもたらすことがあります。私たちは、小売店が提供する顧客体験の向上を支援するために、イノベーションを続けています。この2年間で私たちが目の当たりにしたことは、小売業界の状況、特にeコマースに関しては、正確さとスピードが求められるようになってきたということです。私たちは、お客様が高いスループットのアプリケーションでさらに競争力を高められるようサポートしていきます」

R5+は、AutoStoreシステムで定評のある高速で信頼性の高いサービスを提供し続け、お客様に連続稼働を可能にするソリューションを提供します。

AutoStoreについて| https://ja.autostoresystem.com/
1996年に設立されたAutoStoreは、業界で最高密度を誇り、最速のオーダーフルフィルメントソリューションの1つであるCube Storage Automationを発明し、そのパイオニアであり続けているロボティクステクノロジー企業です。AutoStoreは、ソフトウェアとハードウェアを人間の能力と結び付けて、オーダーフルフィルメントの未来を創造することに注力しています。 AutoStoreは、グローバルに事業を展開し、世界40か国で幅広い業界のお客様環境に750を超えるシステムの販売・導入実績を有します。 すべてのシステムは、AutoStoreが「パートナー」の認定を受けたシステムインテグレーターのネットワークによって設計、インストール、およびサポートされています。 本社はNedreVats(ノルウェー)にあり、オスロ(ノルウェー)、米国、英国、ドイツ、フランス、スぺイン、イタリア、韓国、日本でオフィスを展開しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オートストア・システム株式会社 >
  3. AutoStore、急速に変化する倉庫のニーズに対応するため、ビンのハンドリング機能を拡張した「R5+」ロボットを発表