リンクトイン、雇用格差の縮小を目指した機能追加を発表

~「主婦・主夫」の記入欄を追加、無意識の偏見を学ぶウェビナーも実施~

世界最大のビジネス特化型ソーシャルネットワーキングサービスのLinkedIn(リンクトイン、東京都千代田区、日本代表:村上 臣)は、本日、LinkedInメンバーの「雇用形態」の欄に「主婦・主夫」が登録可能になることを発表します。このアップデートは、多様性に対応し雇用格差を埋めることを目的とした活動の一環です。LinkedInは、復職する方々、特に女性を応援しています。
 


【追加機能について】
・「雇用形態」の欄に「主婦・主夫」が登録可能に
この機能は、主に一時的に仕事を辞めた女性から、育児などの生活上の事情で生まれたキャリアの「空白」を反映させる方法が欲しいという声があがったことを背景に追加されました。家庭での時間も、キャリアとして重要な期間であると考慮した上での機能追加となります。
LinkedInの同調査では(*)、求職者の72%が、職歴に空白期間があることは恥ずかしいと考えている一方で、採用担当者の79%が「職歴に空白期間があっても採用する」と考えています。

LinkedInでは、この機能を実装することで、すべての人々が自分のキャリアを自由に表現できる環境を作ろうとしています。一人一人のキャリアは多様性のあるものであり、LinkedInはすべての人に開かれた体験を提供することを目指しています。

【「ワタシゴト」:LinkedInの取り組み】
上記の追加機能に関連し、LinkedInは復職する方を応援する以下の取り組みを行います。ハッシュタグ 「#ワタシゴト」で、積極的にLinkedInでの情報発信もしています。どなたでも参加可能です。

・「ママドラフト会議®for KYUSHU Island」のサポート
ママドラフト会議とは、「結婚や出産の後に再び働きたくても、やりがいのある仕事をどう見つければいいか分からない」といった不安を抱える女性のサポートをすべく、2014年にNPO法人ママワーク研究所が始めたものです。第16回目となる今回はコロナ禍で「働きたくても具体的な行動に至らない潜在就労女性を今こそ新たな社会の担い手として活かせれば」との想いを込めて展開しました。リンクトイン・ジャパンの有志は、参加した女性のスピーチ練習で、内容や話し方・見せ方について個別にフィードバック。最終的に、14人の元主婦の方が再就職を果たしました。

・日経 ウーマンエンパワーメントプロジェクト ジェンダーギャップ会議 (5月14日実施)
「アンステレオタイプ・アクションの実践に向けて」:日本代表 村上 臣 登壇
日本での「ジェンダー平等」を、単なるスローガンではなく、真に組織の力にしていくため、さまざまな分野からリーダー、専門家をお招きし、ジェンダー平等に向けた課題と解決策を議論しました。村上登壇の「アンステレオタイプ・アクションの実践に向けて」では、各界で女性の力を最大限に出す取り組みの紹介、それぞれの組織が持っていたアンコンシャスバイアス(=「無意識の偏見」)についてLinkedInの取り組みを語りました。
https://project.nikkeibp.co.jp/event/dg210514

・「Leveraging Age as an Advantage」(5月18日実施)
Googleシンガポールで人事主任・ダイバーシティマネージャーを務めるKerry O'Sheaさん、香港スワイヤー商事でダイバーシティ関連のチームを率いるOlivia Wongさん、LOF Hotels Japanのカントリーマネージャーである薄井シンシアさんをお招きし、雇用における多様性や年齢について議論しました。

・採用・育成・キャリア形成に潜む"無意識の偏見"反省会(6月9日実施)
リンクトイン・ジャパンの 早瀬 恭が、モデレーターとして採用・育成・キャリア形成における「無意識の偏見」について、スピーカーの皆さんに具体的なエピソードを伺いながら議論します。
申し込み・詳細は下記URLをご覧ください。
http://ptix.at/DEzZYr

・LinkedIn Live「選択的夫婦別姓 家族の形をアップデートせよ」(6月11日実施)
今年4月に「選択的夫婦別姓の早期実現を求めるビジネスリーダー有志の会」を発足し、共同代表を務めるサイボウズ株式会社の青野 慶久社長をゲストに迎え、選択的夫婦別姓に対する考え方を軸に、これからの時代の「家族の形」をどうアップデートしていくべきかについて議論します。LinkedIn日本代表の村上 臣が聞き手を務めます。
申し込み、詳細は下記URLをご覧ください。
https://lilive48.peatix.com/

・#ワタシゴトーク「いつでもシゴトに復帰できるワタシ」(6月25日実施)
復職を目指している主婦・主夫の方などを対象に、キャリアの空白期間を持つ主婦が復職を成功させる方法について、薄井シンシアさんをお招きして講演を行うほか、グループワークも行います。LinkedInのアカウント作成や活用方法についても紹介する予定です。参加特典として、参加申し込みをした方先着50名に、LinkedInプレミアムアカウントを1年間無料で使用できるコードをプレゼントします。
申し込み、詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.linkedin.com/events/%E5%BE%A9%E5%B8%B06807459879004057600/

(*)調査:LinkedInがCensuswideに委託し、オンラインで米国の1009人の雇用マネージャーと米国の18~69歳の求職者2101人を対象にオンラインで行った調査によるもの。

●LinkedInについて
LinkedInは世界のプロフェッショナルをつなぎ、生産性を高め成功に結びつける、ビジネスに特化したソーシャルプラットフォームです。人事、採用、マーケティング、営業、スキル開発などの分野で、個人と組織の変革を支援します。LinkedInは、世界の人々をつなげることで個人と組織の生産性を高め、さらなる成功に結びつけることをミッションとする中で、全世界で7億5600万人を超えるユーザーを有し、200以上の国や地域でサービスを展開しています。
ニュースセンターページ(英語):https://news.linkedin.com/
サービスページ:https://www.linkedin.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リンクトイン・ジャパン株式会社 >
  3. リンクトイン、雇用格差の縮小を目指した機能追加を発表