新しい奈良の革靴、KOTOKA(コトカ)奈良に伝わる雪駄をモチーフにした雪駄サンダルなどサンダル二種類を発売。

新しい奈良の革靴、KOTOKA(コトカ)
奈良に伝わる雪駄をモチーフにした雪駄サンダルなどサンダル二種類を発売。

 


 


 








 


















奈良の革靴メーカー7社(*)が共同で開発し、分担して製造する「KOTOKA」。日本有数の革靴産地、奈良の靴づくりの認知を高める目的を持って開発された、新しい奈良の革靴です。

素材を生かし、簡素さの美を表現し、歳月が深める表情を楽しむ。そうした日本の感性で、自然な肌目を持つ日本の革を厳選してつくった「KOTOKA」は、一枚の革が優しく足を包み込む履き心地。奈良らしい落ち着きと安らぎ感じることのできる革靴です。

この度、KOTOKAより、二種類のサンダルを発売する運びとなりました。

雪駄サンダル
はきもの生産の伝統を受け継ぐ奈良県は、鼻緒や鼻緒の付いたはきものにおいては日本最大の生産量を誇っています。奈良の革靴である「KOTOKA」のつくる二種類のサンダルの一つは、この雪駄をモチーフにしたもの。左右の区別なく作られる雪駄を、靴メーカーならではの考え方でアレンジ。鼻緒の付け位置を親指側にずらし、内外の鼻緒の長さを僅かに変えることで、人の足の形に沿わせたサンダルとしました。制作に当たっては雪駄の魅力を現代のユーザーに伝え、伝統的なはきものに新たな命を吹き込むことに力を注ぐ「大和工房」さんのご協力をいただき、県内の鼻緒職人さんの手による栃木レザー製の鼻緒を使用しています。




ならやまサンダル
自然でしっとりした表情の革でつくったサンダルです。甲のストラップでフィットを調整することができます。甲のなだらかな曲線が、奈良と京都の県境に横たわる平城山(ならやま)丘陵にも似ているので「ならやまサンダル」と名付けました。レザーは、植物タンニンでなめし、丘染めした後、手作業で何度も蝋を塗り込んで仕上げた「たつのハンドワックスレザー」。KOTOKAの依頼で開発され、兵庫県たつの市で仕上げられています。




詳しくは公式ホームページなどでご確認ください。

◇「奈良の靴」公式ホームページ
https://nara-shoes.jp/

◇公式インスタグラム
KOTOKA:https://www.instagram.com/kotoka.official/?hl=ja
奈良発靴:https://www.instagram.com/narahakkutu/?hl=ja

(*) 7社の靴メーカーは、奈良県大和郡山市の、オリエンタルシューズ株式会社、北嶋製靴工業所、シャミー株式会社、株式会社セランド、出原製靴[エンパイヤシューズ]、株式会社トローベルシューズ、東浦秀次商店です。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 奈良靴産業協同組合 >
  3. 新しい奈良の革靴、KOTOKA(コトカ)奈良に伝わる雪駄をモチーフにした雪駄サンダルなどサンダル二種類を発売。