住友生命×Olive Union×いずみホール3社合同「聞こえ」の実証実験次世代型イヤホン「オリーブスマートイヤープラス」視聴の試み

〜スマホを使って5分で聞こえの課題にフォーカス!コンサートホールで楽しむ“聞こえの体験” 〜

スマートフォンアプリで音の最適化ができるイヤホン『Olive Smart Ear(以下 、オリーブスマートイヤー)』を開発・販売している株式会社Olive Union(以下 Olive Union、本社:東京都目黒区、代表取締役:Owen Song)は、住友生命保険相互会社(取締役 代表執行役社長 高田 幸徳、以下「住友生命」)と一般財団法人住友生命福祉文化財団(理事長 藤戸 方人、以下「福祉文化財団」)が管理・運営を行っている住友生命所有のクラシック音楽専用ホール「住友生命いずみホール」で、「聞こえ」に課題を持つ方や、人生を豊かに生きたいと願う方をご招待し、次世代型イヤホンを装着した実証実験「My LIFE Sound」を共同で行います。

 次世代型イヤホンは、「聞こえ」を 支えるデバイスとして「生活を豊かにする」を信条にその進化を続け、一人ひとりのよりよく生きる =ウェルビーイングを唱える住友生命、および福祉文化財団の活動に貢献いたします。


 「My LIFE Sound(マイライフサウンド)」始動の背景と目的
Olive Unionでは、社会課題である「聞こえ」の解決を「聴く力が健康な状態である期間、健聴寿命を延伸することで貢献していく」信条に則り、製品の開発に終始するのみならず、社会課題の解決と 啓蒙を目的とした活動を続けています。住友生命は「KDDI ∞ Labo」パートナー連合とともに、共 創環境(保有施設・開発環境)や専門分野に関するデータ・知見を提供する「MUGENLABO支援プ ログラム 2020※1」(以下「本プログラム」)を2020年7月30日から開始しています。Olive Unio nは本プログラムを通じて面会し、住友生命が掲げる「一人ひとりのよりよく生きる=ウェルビー イング」を支えるためのエコシステムWaaS(Well-being as a Service)の構築に共鳴したため、「住友生命いずみホール」における実証実験「My LIFE Sound」を合同実施することとなりまし た。

※1 「MUGENLABO支援プログラム 2020」については以下のURLをご参照ください。
https://www.sumitomolife.co.jp/about/newsrelease/pdf/2020/200730.pdf (2021/9/7アクセス)
※本リリース内の掲載情報は2021年9月13日現在のものであり、変更になる場合があります。

実施概要
「聞こえ」に課題を持つお客さまに、住友生命いずみホールで次世代型イヤホンを装着してコンサートを体験いただき、音楽をより心地よくお楽しみいただきます。

開催日時:2021年9月15日(水曜日) 11時30分開演
開催場所:大阪府大阪市中央区城見1丁目4-70 JR大阪城公園駅より徒歩5分
プログラム:ランチタイム・コンサートvol.8※2
「懐かしい日本の歌―唱歌、童謡、そして戦後歌曲

※2 「ランチタイム・コンサートvol.8」については以下のURLをご参照ください。
http://www.izumihall.jp/schedule/concert.html?cid=2374&y=2021&m=9 (2021/9/7アクセス)

ウェルビーイングへの貢献について
住友生命は、「一人ひとりのよりよく生きる=ウェルビーイング」を支えるためのサービスとして、様々な価値を提供していくエコシステムWaaS(Well-being as a Service)の構築を目標と して掲げています。本合同企画では、近年注目されている「聞こえづらさ」、「心理的不安」とい った「聞こえ」の課題に対して、Olive Unionが開発した次世代型イヤホンを使用した音楽体験により、誰もが音楽を楽しみ、最高の体験を生み続けることで誰一人取り残さない、「一人ひとりの よりよく生きる=ウェルビーイング」を実現する社会づくりを創造していきます。 住友生命『オープンイノベーション』ついて 住友生命は、スタートアップ等の成長企業との関係深化や支援を図ると共に、将来のビジネスの可 能性を探り、実証事業から実装の段階に進めていく「オープンイノベーション」によって新たな価値 創造を進めていきます。本実証事業をはじめ、今後も様々な実証事業、実装へ向けた取組みを行って いく予定です。

住友生命『オープンイノベーション』ついて
住友生命は、スタートアップ等の成長企業との関係深化や支援を図ると共に、将来のビジネスの可能性を探り、実証事業から実装の段階に進めていく「オープンイノベーション」によって新たな価値 創造を進めていきます。本実証事業をはじめ、今後も様々な実証事業、実装へ向けた取組みを行って いく予定です。 

『オリーブスマートイヤー』について
Olive Unionは、最新のIoTや人工知能を実装し、「聞こえ」の課題解決に向けて、革新的な製品を研究開発、および販売をしています。独自開発されたアプリ(https://scnv.io/32uV?qr=1)を通 じた次世代型イヤホンは、個人の聞こえの違いに焦点を充て、スマートフォンにBluetooth接続し、 利用者のお好みに応じて「聞こえ」のパーソナライズ化を実現。ご注文からわずか3日、開封後最短5分〜10分 でイヤホンの最適化が完了します。 

洗練されたデザインと手に取りやすい価格から、メガネを身に着けるような気軽さで、お試しいただけることが出来るようになりました。これにより、日本における聞こえにまつわる製品の普及率の低さや、潜在的社会課題に対し、 Olive Unionは”耳の聞こえ”という可能性を通じて、あたらしい人生の豊かさを届けています。 

※詳細の概要につきましては、公式サイトをご参照ください。
[公式サイト]https://www.oliveunion.com/jp/

【株式会社Olive Union概要】
  社名:株式会社Olive Union
  代表取締役社長:Owen Song 本社所在地: 東京都目黒区上目黒1丁目3-7 VORT代官山7階
【スマートフォンアプリで「音の最適化」】次世代型イヤホン「オリーブスマートイヤープラス」
 設立:2016年7月
 事業内容:次世代型イヤホン『Olive Smart Ear』の開発、製造、販売等関連
 サービス URL:https://www.oliveunion.com/jp/

【マスコミ・メディア関係各社様からのお問い合わせ】
 株式会社Olive Union
 広報担当:越智
メールアドレス:noriko.ochi@oliveunion.com

【Olive Union社製品の取り扱いに関して】
 メールアドレス:suppport_jp@oliveunion.com
 


 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Olive Union >
  3. 住友生命×Olive Union×いずみホール3社合同「聞こえ」の実証実験次世代型イヤホン「オリーブスマートイヤープラス」視聴の試み