MR産業を形作る2021年の5つのトレンド

Five Trends in 2021 That Will Shape the Mixed Reality Industry

新たな年を迎え、拡張現実は人々の生活そのものを変貌させ始めている。しかし2021年は生産性の低下とAR技術の緊急性が相反する状況下にあって、コンシューマーへの導入が加速する中で、ARがより具体的なポジションを占めることは間違いないだろう。問題は、2021年がどのように展開されるのかということだ。

私たちは、2021年のMRの5大トレンドを考察しているが、より現実的な立場から物事を見ている。業界全体の進歩が鈍化している現在の出来事を含め、様々な変動要因はあるものの、今年のトレンドは2020年に動き出した歯車の続きを描くものになると考えている。

しかし、Nrealでは、今年は以下の5つのトレンドが脚光を浴びると確信している。

With a brand new year coming to a start, augmented reality has begun transforming the very fabric of people’s lives. But with 2021 continuing to draw down the productivity and conflicting urgency of AR technology, AR will undoubtedly take a more concrete position as consumer adoption accelerates. The question though is, how will 2021 play out?
As we’re mulling on 2021’s five biggest trends in MR, we’re taking a more realistic position. With a number of variables including current events that have slowed down progress for the industry as a whole, we believe that this year’s trends will play out a continuation of the gears that were set in motion in 2020.
But at Nreal we’re in high confidence that the following five trends will take center stage this year.

キャリアドリブンのエコシステム

キャリア各社は、5G技術を一般のユーザーの手に届けるための新しい方法の採用を急いでおり、スマートフォンの高速化と技術的な進歩に伴い、Nreal のような MR グラスは現環境に完璧に適合している。しかし同時に、これらのキャリアは、ローカライズされたコンテンツを公開するための、独自のエコシステムを構築することに熱心でいた。これは、開発者にとって、確立された流通チャネルにアクセスして、キャリアのプラットフォームを通じてコンテンツをすぐに公開できることを意味する。

Carrier-Driven Ecosystems

Carriers have been rushing to adopt new ways to bring 5G technology into the hands of everyday users, and with smartphones getting faster and more technologically advanced, MR glasses like Nreal have been a perfect fit. But at the same time these carriers have developed a keen interest on building their own ecosystems to publish localized content. This means for developers, access to an established distribution channel to immediately publish their content through the carrier’s platforms.

コラボレーションツールとしてのMR

オンライン・コラボレーションはMRの主要なユースケースだが、新型コロナウイルスが未だに世界中の国々を悩ませているため、この傾向は加速しつつある。企業はワークプレイスを変革し、多くの企業が従業員に常時在宅勤務をする自主性を提供するというトレンドに飛びついている。

しかし、アイデアの交換や会議環境を容易にするためのギャップを埋めるのは、もちろんZoomのような従来のアプリだけではなく、MR、AR、VRを含む拡張現実(XR)の採用が加速している。加えて、バーチャル会議を促進するためには、この技術が不可欠となっています。

MR as a Collaboration Tool

Online collaboration a key use case for MR, but we’re seeing this trend accelerate as COVID-19 still plagues countries around the world. Companies have transformed the workplace and many have jumped on the trend of offering employees the autonomy to permanently work-from-home.
Filling in the gap however to facilitate the exchange of ideas and meeting environment has of course been traditional apps like Zoom, but Extended Reality (XR) adoption – which includes MR, AR and VR – has accelerated. In addition, the technology has been integral to facilitating virtual conferences.

MR上でのエッジコンピューティングのキックオフ(ラボ内)

ミックスド・リアリティ・グラスが小型化するためには、スマートフォンや物理的なCPUの代わりにクラウドを介して演算能力をオフロードするエッジコンピューティングが鍵となる。そして、世界中で展開されている5Gネットワークによって、この夢はますます手の届くところまで来ている。ここまで実現した本物のサングラスサイズのMR技術は(少なくとも現時点では)まだ見たことがありませんが、今年は普通のサングラスのような外観と使用感のMRグラスをいち早く消費者に提供するために、これがR&Dラボの中核となるでしょう。
 

 

Edge Computing on MR Kicks Off (in Labs)

For Mixed Reality glasses to shrink in size, edge computing is a key to offloading the computing power through the cloud in lieu of a smartphone or physical CPU. And with 5G networks deploying around the world, this dream is increasingly within reach. Although we haven’t seen true-to-life sunglass-sized MR technology that has managed to get that far (yet), this will be a core focus of R&D labs this year in a bid to be among the first to deliver consumers MR glasses that will look and feel like any ordinary sunglasses.

キラーアプリが出現

コラボレーションツールはMRのキラーアプリと言われているが、より幅広い層には”刺さって”いない。Steam VRにとってのHalf-Life: Alyxがそうだった程にはピンと来ていない。しかし、消費者へのMRの普及が必然となり、ドイツテレコムのような通信事業者がMR技術のアクセラレータプログラムを開始したことで、これらのMRアプリのいくつかは、ついに命を吹き込まれることになるだろう。そして、MRエコシステムがコンシューマー向けのミックスドリアリティアプリケーションを育成していく中で、最初のキラーアプリが登場し、3D MR環境専用のMRゲームやソーシャルアプリケーションの形で登場することになると予想している。
 
A Killer App Emerges

While collaboration tools are billed a killer app for MR, it hasn’t resonated with the broader public. It doesn’t ring a bell like Half-Life: Alyx did for Steam VR. But as consumer adoption for MR becomes an inevitability and carriers like Deutsche Telekom have launched an accelerator program for MR technology, some of these MR apps will finally come to life. And we anticipate that with the MR ecosystem nurturing mixed reality applications for consumers, the first killer app will emerge and likely in the form of an MR game or social application exclusive to a 3D MR environment.

企業向けAR

Google Glass の黎明期から AR のためのエンタープライズ・アプリケーションは存在していますが、特定のユースケースを持つ企業にとっては、画一的なアプローチは通用しない。今年は、ワイヤレス MR ヘッドセットの形であれ、Nreal Light のようなテザー付き MRグラスのような形であれ、企業クライアントの個々のニーズに合わせて作られた、より多種多様な企業向けMRグラスが登場するだろう。

AR for the Enterprise

Enterprise applications have been around for AR since the dawn of Google Glass but for businesses that have specific use cases, a one-size-fits-all approach just isn’t going to cut it. This year, we’ll see a more diverse range of enterprise MR glasses that are made available that are tailored to the individual needs of enterprise clients, whether it’s in the form of wireless MR headsets or more akin to tethered MR glasses like Nreal Light.


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本Nreal株式会社 >
  3. MR産業を形作る2021年の5つのトレンド