小学生と市長がまちづくりについて語り合う『ランチトーク』を開催

2月19日(金)は「なめがたの日給食」!

茨城県行方市((なめがたし)では、給食の時間帯等に、市長と子どもたちが行方市のことや将来について語り合うことで、子どもたちが市に対して抱いている思いを理解するとともに、子どもならではの視点や柔軟な発想を生かした、また、子どもたちの夢を実現できるまちづくりを行うための「ランチトーク」を実施しています。
市長と子どもたちが触れ合うことで、子どもたちが行政を身近に感じ、興味・関心を持つことができるようにすることもねらいとしています。

 

 

 

GIGAスクールタブレット端末を活用した児童との「ランチトーク」GIGAスクールタブレット端末を活用した児童との「ランチトーク」

1 実施期間および対象
令和3年2月のうち9日間、各小学校の6学年(クラスごとの実施)
2 実施場所  
各小学校クラスおよび市長室

3 参加者

各小学校6学年児童および鈴木市長、永峰副市長、横田教育長

4 取材対象
(1) 日時 令和3年2月19日(金)午後1時00分~午後1時15分
(2) 場所 麻生東小学校6年2組および麻生庁舎市長室
5 その他
・ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、意見交換はリモートで行う。また、GIGAスクールタブレット端末の汎用性を生かし、当端末により、クラスと市長室をつなぐ。
・ 取材対象日は、行方市で生産される豊富な農産物を使用した給食「なめがたの日給食」になる。当日は、地産地消や6次産業化を考える契機とするため、なめがたブランド戦略会議から「スイートポテトクッキー(同会議と亀印製菓株式会社による6次産業化商品)」がメニューの一つとして提供される。また、「コイ」は、地元生産者(漁協)が生産および加工したものである。
・  麻生東小学校を取材される場合は、事前に担当までご連絡ください。

給食メニュー(2月5日(金))給食メニュー(2月5日(金))

▽学校給食予定献立表
https://www.city.namegata.ibaraki.jp/page/page005221.html
令和3年2月の学校給食予定献立表は、以下のサイトからもご覧いただけます。
●多言語対応電子配信ツール「MCCatalog+(エムシーカタログプラス)」
http://www.catapoke.com/search/?keyword=namegata-city
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 茨城県行方市 >
  3. 小学生と市長がまちづくりについて語り合う『ランチトーク』を開催