ミサワホーム&トヨタホーム 初のタワーマンション「アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋」が竣工

○ミサワホームのタワーマンションブランド「アルビオタワー」の第一弾が完成
○5路線が交わる「飯田橋」駅から徒歩2分/3分、東京駅3km圏内の好立地
○住まいづくりで長年培ってきた両社のノウハウを盛り込んだ空間設計

 

 ミサワホーム株式会社(代表取締役社長執行役員 磯貝匡志)とトヨタホーム株式会社(取締役社長 後藤裕司)が、東京都千代田区において建設を進めていたタワーマンション「アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋」がこのたび竣工しました。 

 アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋は、山手線の内側のほぼ中心に位置し5路線が交わる「飯田橋」駅から徒歩2~3分に立地する24階建ての都市型タワーマンションです。

 日本の住まいの質の向上に長年にわたり取り組んできた両社の多彩なノウハウとして、シンプルなデザインを追求したファサードや、「庭屋一如(ていおくいちにょ)※」をテーマに内と外がつながる庭やアプローチなど、ハウスメーカーだからこそ描ける新たな都市在住の在り方をデザインしました。

 両社は、今後もプライム ライフ テクノロジーズグループとして、お客様に快適で豊かな生活を実現する住空間を提供していきます。

※平安時代の寝殿造に端を発する住まいづくりの考え方。屋敷内に自然を模した庭を設け、その情緒と開放感を邸内から楽しめるよう設える建築様式

■「アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋」の特長

1.東京の主要エリアへダイレクトアクセス徒歩2分の東京メトロ東西線、南北線、有楽町線、都営地下鉄大江戸線「飯田橋」駅、徒歩3分のJR中央・総武線「飯田橋」駅と5路線が利用できます。大手町、日本橋、池袋など、東京の主要エリアへは10分以内でダイレクトにアクセスできるため、職住近接の生活が実現します。また、山手線内のほぼ中心に位置することから、3km圏内に東京駅や秋葉原などの主要スポットが点在、タクシーやシェアサイクルなどによる移動もスムーズです。


2.長年にわたり培ってきたノウハウとデザイン長年にわたる住まいづくりで培ってきた両社のノウハウで、ハウスメーカーだからこそ描ける新たな都市在住の在り方をデザインしています。内と外がつながる心地よさをデザインするため「庭屋一如」をテーマに、共用部分には隣接する東京大神宮の森から続く四季を楽しめる庭を配置し、建物内から窓の向こうに広がる豊かな自然を眺められるほか、建物前のアプローチの植栽を充実させ、ひとつの庭として見立てることで、街とゆるやかにつながるデザインになっています。ファサードは長く愛されるシンプルなデザインを追求し、2層分のガラスウォールとワイドスパンの庇を設けることで、均整の取れた水平垂直ラインを創出しています。


■「アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋」の概要

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ミサワホーム株式会社 >
  3. ミサワホーム&トヨタホーム 初のタワーマンション「アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋」が竣工