【ICTドリルflow(フロー)】教科書準拠の英単語ドリルが追加されました。

令和3年10月6日より中学生向けICTドリル教材flow(中学英文法、数学、国語、理科、社会)に教科書(開隆堂サンシャイン、東京書籍ニューホライズン)準拠の英単語ドリルが追加されます。

合同会社フローラーニングが提供している中学生向けICTのドリル教材flowに教科書(開隆堂サンシャイン、東京書籍ニューホライズン)準拠の中学英単語ドリルが追加されます。英文法・国語・数学・理科・社会も合わせてすべて取り組めて、価格は据え置きで1ID88円~550円(月額)。
2021年度の学習指導要領改訂により、中学の英単語量が1.5倍に増えました(1200→1800単語)。
そこでflowのドリル学習機能を使って単語学習の負担を少しでも減らせるよう10月より英語のサンシャイン、ニューホライズン準拠の英単語を利用できるようにいたしました。

 


「今年から教科書が変わり、単語の負担が増えて大変だ。flowでドリルを作って欲しい」
と利用学校及び塾の先生よりリクエストをいただき作成したものです。

【英単語問題の特徴】
構成はサンシャイン、ニューホライズンともに単元ごとに書き(入力)と意味を答えるドリル形式の問題。
(入力する問題)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(意味を答える問題)音声で発音を確認することができます。



【ICTドリルflowの教材としての特徴】
 

問題パート
  • 間違えた問題は、最後に復習問題として繰り返されます。
  • スモールステップで、同じタイプの問題を繰り返し学習できます。
  • 説明解説はなし。一方で適当に解答しないような工夫があるので問いが生まれます。
料金など
  • 中学生数学・国語・理科・社会・英語(英文法+準拠英単語)+数学Ⅰで20000問以上。1IDで全ての科目ができます。
  • リーズナブルな価格設定にしています(生徒1人月額88円~550円)。
システム
  • アプリではなく、ブラウザを使用します。ですので利用にはインターネット環境が必要です。
  • 手書き機能はありませんが、mazecなど手書きアプリを使うことができます。

 


解説はない方が良いという判断に至ったことがflow最大の特徴です。flowは学習塾の現場で実際に使いながら開発されました。その中で、生徒の「わからない」はちゃんと先生や友人が対応した方がいいと感じたということがこの判断の経緯です。

【どのような方にオススメか】
身近な道具としてflow(ICT)を使っていただくためにリーズナブルな価格設定にしています(生徒1人月額88円~550円)。その上で生徒一人一人に合わせた学習をすすめていこうとされる方にオススメしていますが、特に下記の方にはflow(ICT)のメリットを感じていただけると思います。

①遠隔のオンライン授業をこれから導入しようとしている方
→Zoomなどの授業+フローで生徒の学習状況が手に取るように
わかります。双方向性が生まれます。

②すでにICT教材を利用していて、個別最適化のためにもう一つ教材の選択肢が欲しい方。
→5教科分のドリル教材が低価格で導入できます。

③ディスレクシア傾向のある生徒さんがいる方
→字がうまく書けない、汚い生徒さんほどICTを使うことで学力がつきやすいです。保護者の方にとても喜ばれます。

④(おまけ)SDGSの取り組みをされている方、またしようとされている方
→紙の教本や、プリントを減らすことは環境にもやさしいですよね。

【体験利用について】​
  1. 2週間の生徒IDによる体験→https://flow-ict.jp/ よりすぐに(無料お試し)ボタンよりお申し込みください。
  2. 管理者用ID,生徒40名分のIDによる体験(お一人につき1度だけ)・組織名・担当者名・お電話番号
    ・メールアドレス を記入の上、弊社サイトの問い合わせもしくは support@flow-ict.jp までご連絡ください。

合同会社フローラーニング
埼玉県ふじみ野市苗間1-3-4
代表 土岐(とき)
support@flow-ict.jp
049-257-5719
  1. プレスリリース >
  2. 合同会社フローラーニング >
  3. 【ICTドリルflow(フロー)】教科書準拠の英単語ドリルが追加されました。