第6回【関西】IoT&5Gソリューション展 出展

~各国政府機関採用 世界で唯一システム全体をカバーした暗号セキュリティ機器メーカー 日本初共同展示~

AKIBAホールディングスグループの株式会社アドテック(本社:東京都中央区、代表取締役社長:下津 弘享)は、2022年1月19日(水)~2022年1月21日(金)の3日間、インテックス大阪にて開催されます、「2022 Japan IT Week 関西 」における「第6回 [関西]IoT&5Gソリューション展」に出展する運びとなりました。


▼展示会 概要

※招待券は、主催者の公式サイト(https://www.japan-it-osaka.jp/ja-jp.html)から申し込みが可能です

▼出展内容
・産業用パソコン (IPC)
 製造現場/産業機器組み込み等、長時間安定稼働のシビアな用途向けPCシステム。暗号セキュリティ。
・ハイパフォーマンス科学技術演算 (HPC)
 AI/ビッグデータ分析等、高速で複雑な処理向け計算機システム。
・産業用メモリソリューション
 高い品質と信頼性、安心サポートの産業用メモリモジュール、SD・SSD等。
・鉛電池遠隔監視ソリューション
 パラメータのセンシング、データ処理、通信および、クラウド管理で、バッテリー保全の効率化。
・IoT向けCPUモジュールとキャリアボード (スイスToradex社製品)
 IoTや産業用製品開発を迅速かつ簡単に。
 CPUモジュールのライアンアップが豊富な、ARMアーキテクチャコンピュータボード。
・データ暗号化ソリューション (台湾WiSECURE Technologies社製品)
 軍事レベルのセキュリティ強度。各国政府機関で採用実績有。

▼注目製品
 各国の政府機関で採用されている暗号セキュリティ機器メーカー「WiSECURE Technologies Corporation(以下、ワイセキュア)」が日本に正式上陸。Japan IT Week 関西にて初の共同展示となります。
アドテックはワイセキュアとともに、サイバー戦争の最前線で使用されている最強の暗号技術を用いたデジタルセキュリティソリューションをご提案いたします。
 現在一般的なソフトウェアのみでの防御方法ではデジタル認証に必要不可欠な暗号鍵を安全に守ることはできません。その為、主に軍事などで重要な暗号鍵を物理的に守るニーズが出てきました。それにより誕生したのがHSM(Hardware Security Module)です。ワイセキュアはHSMのリーディングカンパニーとして、そして次世代のパスワードレス認証方式であるFIDOの先駆者として既存のライバル社にはない包括的で強力なセキュリティソリューションで、サイバー攻撃等の悪意ある攻撃のリスクから、お客様の大切なデータをお守りします。

【ワイセキュア 製品画像】


【ワイセキュアの特長】
・オンリーワン:世界で唯一、システム全体(サーバー、PC、スマホ、組込用チップ)をカバーした製品をラインナップ。サーバーソリューションと認証器をセットでご提案可能な企業は日本市場でワイセキュアのみ。
・高度な安全品質:軍事レベルのセキュリティ強度 (FIPS 140-2 Level 3認証など複数のセキュリティ認証取得)
・導入コスト:大幅なコストダウンを実現。製品によっては1万円以下から導入可能。
・幅広い環境に対応:「普及品の電子回路」から「市販のデバイス」、「クラウド」まで幅広く対応。
・容易な開発:Javaや.NET Frameworkといった「世界で広く使われているシステム開発言語」も使用でき、統合的なセキュリティシステムを同一開発プラットホームで作成可能。
・多数の実績:各国の政府系システムで採用実績有。


 ▼本件についての詳細はこちら  https://www.adtec.co.jp/information/7182/


▼株式会社アドテックについて
 アドテックは、1983年2月(2015年10月に商号変更により新設分割)に発足した電気機器メーカーです。1993年からメモリモジュールの製造販売を開始しており、メモリに関して20年以上の実績があります。近年は、電子部品およびコンピュータ関連の開発・製造ならびに販売事業に加え、AKIBAホールディングスグループ内の豊富な実績とノウハウで培った高い技術力で、IoT時代のお客さまの多種多様なご要望にお応えしております。
URL:http://www.adtec.co.jp/


▼【WiSECURE Technologies Corporationについて】
 WiSECURE Technologies は、IKV-Tech(各国の軍事・政府組織に対して、個別のカスタムソリューションを提供してきた情報セキュリティコンサルティング企業)のノウハウを元2019年、台湾で設立された情報セキュリティソリューションメーカーです。製造は世界でもトップレベルである台湾の半導体微細化技術を採用しています。FIDO Allianceのメンバーです。FIDOとは「Fast Identity Online(高速なオンラインID認証)」の略称であり、パスワードを使わずに行う認証の技術開発と標準化を進めるための国際規格であり、FIDO Allianceは非営利のFIDO標準化団体です。
URL:https://wisecure-tech.jp/



本リリースに記載されている会社名製品名、サービス名などはそれぞれ各社の商標または登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社AKIBAホールディングス >
  3. 第6回【関西】IoT&5Gソリューション展 出展