レスキューナウ、「レスキューWeb MAP」の新機能「台風モード」をリリース

暴風域に入る可能性のある拠点を瞬時に抽出可能に

危機管理情報サービスを提供する株式会社レスキューナウ(本社:東京都品川区、代表取締役:朝倉 一昌、以下「レスキューナウ」)は、 災害・危機対応に必要なレスキューナウの危機管理情報を電子地図上で可視化するサービス「レスキューWeb MAP」の新機能「台風モード」をリリースします。
  • 【レスキューWeb MAPとは?】
・レスキューナウが2011年に提供を開始したSaaS型情報提供サービス「レスキューWeb」のMAPオプションです。
・常時有人体制で稼働するレスキューナウ危機管理情報センター(RIC24)が 24時間365日体制で収集している情報を、電子地図上に可視化し提供します。
・災害・危機が発生した際、法人の担当者が自社に影響するか否かの情報を迅速に取得し、その情報に基づいて以後の的確な対応につなげていただくことができます。
・災害・危機対応やBCP、SCMの最適化などの業務に貢献しています。
サービスの詳細はこちらからご覧ください。            
https://www.rescuenow.co.jp/riskmanagement/rescuewebmap
  • 【新機能「台風モード」の概要】
今回新たに追加する「台風モード」機能では、発生中の台風の暴風域(※1)に入る確率を、電子地図上に約50km四方のメッシュで色分けして表示します(※2)。
また、この暴風域に入る確率メッシュの中に含まれる拠点を抽出して、拠点リストに一覧で表示することも可能です。
3時間ごとの暴風域確率メッシュの表示、さらに1日先から5日先までの表示にも対応していますので、予想される暴風域にある自社拠点を抽出して対応計画を立案したり、拠点ごとの対応ピーク時間の予測などにお役立ていただけます。レスキューWeb MAP「台風モード」機能でその時々の最新の予測を電子地図上で把握していただくことにより、法人内で行われる台風接近時の情報収集が効率化され、負荷軽減につながることが期待できます。
※1 台風の周辺で、平均風速が25m/s以上の風が吹いているか、地形の影響などがない場合に、吹く可能性のある領域。(気象庁ホームページ「台風に関する用語」より一部抜粋)
※2 日本国内の表示のみの対応となります。 
  • 【新機能「台風モード」の画面イメージ】

  • 【既存のレスキューWeb MAPをご利用中のお客様へのご案内】
・今回の新機能リリースにともなう料金変更はございません。
・詳細につきましては、レスキューナウ カスタマーサポート窓口にお問合せください。
(カスタマーサポート窓口)
TEL: 050-3627-8567(受付時間:9:30~17:00 ※土日祝・年末年始除く)

今後もレスキューナウは、多様化するお客様のニーズに最適な形で、危機管理情報を迅速かつ的確に提供することを目指してまいります。

【会社概要】
株式会社レスキューナウ
代表者:朝倉 一昌
本社所在地:〒141-0031東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル1階
資本金:4億円
URL:https://www.rescuenow.co.jp/about 

【本件に関するお問い合わせ先】
●株式会社レスキューナウ 管理部 広報担当
Tel:03-5759-6775
お問い合わせURL: https://www.rescuenow.co.jp/corporate/contacts
●株式会社レスキューナウ 営業部
Tel:03-5759-6064
お問い合わせURL: https://www.rescuenow.co.jp/contacts/solution

注)製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社レスキューナウ >
  3. レスキューナウ、「レスキューWeb MAP」の新機能「台風モード」をリリース