二次元アートを扱うNFTマーケットプレイス「ANIFTY」がクリーク・アンド・リバー社の子会社に

絵師とファンのためのNFTプラットフォーム「ANIFTY(アニフティ)」を運営する株式会社ANIFTYは、2022年5月31 日をもって、株式会社クリーク・アンド・リバー社(以下、C&R社)の子会社となりましたことをお知らせします。

絵師とファンのためのNFTプラットフォーム「ANIFTY(アニフティ)」を運営する株式会社ANIFTYは、2022年5月31 日をもって、株式会社クリーク・アンド・リバー社(以下、C&R社)の子会社となりましたことをお知らせします。


■C&R社について
C&R社は、ライツマネジメント(知的財産の収益化)事業として、海外版権エージェンシーや新人作家の発掘を行う「漫画LABO」の運営、『ブラックジャックによろしく』(著:佐藤秀峰)や『カイジ』(著:福本伸行)などの著名漫画のNFT化による新たな収益化を積極的に展開しております。また、約850名が在籍する日本最大級の「C&R Creative Studios」*iを開設し、ゲームや映像などのコンテンツ開発を進めております。

■会社情報の変更
この度のグループ化に伴い、役員の一部および本社所在地が以下のように変更されました。

役員:
代表取締役社長CEO  松本 研二
取締役副社長COO     酒匂 俊和
取締役CTO       Ziming Liu
取締役CSO         川島孝一郎

本社所在地:
東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE

■今後の業務内容
ANIFTY株式会社は、今後もNFTマーケットプレイス「ANIFTY」の運営を継続し、機能およびユーザー体験の向上に努めます。

さらに、今回のグループ化により、C&R社がネットワークする約9万人の漫画家や作家の優れた「デジタールアート(コンテンツ)」を流通させるほか、映像クリエイターの「ショートムービー(動画)」や声優の「音声コンテンツ」などもANIFTYのプラットフォームに流通させる計画です。

C&R社及びANIFTYは、日本のアニメ産業をアップデートし、新たな業界標準とビジネスモデルを創出することで、ミッションである「クリエイターの生涯価値の向上」と「クライアントの価値創造への貢献」を、実現してまいります。

■「ANIFTY」について
株式会社ANIFTYは、第5回・第6回CO.NECT東京大学ブロックチェーン起業家支援プログラムに採択され、東京大学ブロックチェーンイノベーション寄付講座の支援のもと設立されたスタートアップ企業です。
公式サイト:https://anifty.jp/

*i:「C&R Creative Studios」

C&R社のゲーム・CG・XR・Web・広告・映像・動画・漫画・小説・建築・ファッションなどの開発スタジオを包括した日本最大級のクリエイティブ開発チーム。約850名のクリエイターが在籍している。C&R社所属のVR/NFTアーティストせきぐち あいみ、映画監督・TVディレクター堀川湧気、Webプロデューサー塘宏治の3名のトップクリエイターが出演するC&R Creative StudiosのCMを放映中。


U R L : https://www.cri.co.jp/about_us/creativestudios/

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ANIFTY >
  3. 二次元アートを扱うNFTマーケットプレイス「ANIFTY」がクリーク・アンド・リバー社の子会社に