高羽彩 主宰・タカハ劇団 第18回公演『ヒトラーを画家にする話』充実の鑑賞サポートを実施

2021年に『美談殺人』で高い評価を得た高羽彩主宰タカハ劇団の新作公演『ヒトラーを画家にする話』が7月20日(水)~24日(日)東京芸術劇場 シアターイーストにて上演される。


今作は、1908年のドイツへタイムスリップした現代の日本の美大生が、芸術家を目指す若かりし頃のアドルフ・ヒトラーと出会うストーリー。ヒトラーを画家にして過去を変えるべきか否か葛藤する学生の姿を描き、世間における芸術の価値や、才能の有無の残酷さを抉り出す痛快な社会派劇となる。

キャストには、舞台・映画・ドラマと多方面での活躍が期待されている俳優が集った。舞台 モダンスイマーズ『だからビリーは東京で』(作・演出:蓬莱竜太)の主演を務めた名村辰、映画『PARALLEL』(監督:田中大貴)に出演する芳村宗治郎、ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』(演出:石丸さち子)出演の渡邉蒼が日本の美大生を、NHK大河ドラマ「青天を衝け」で明治天皇役を演じた犬飼直紀がアドルフ・ヒトラーを、NHKよるドラ「ここは今から倫理です。」出演の川野快晴、舞台『マーキュリー・ファー Mercury Fur』(演出:白井晃)出演の山崎光がヒトラーの親友とライバルを演じる。ヒトラーの想い人であるシュテファニーには、Tik Tokで8万人以上のフォロワーを持つ重松文が選出された。さらに、以前もタカハ劇団『女友達』に出演したKAKUTA所属の異儀田夏葉、前作『美談殺人』出演の柿丸美智恵、劇団扉座で活躍中の砂田桃子、NHK Eテレ「ストレッチマン・ゴールド」で人気を集める結城洋平、舞台『虹む街』(作・演出:タニノクロウ)に出演の金子清文、キ上の空論や劇団トローチなど人気劇団の作品に幅広く出演を果たす有馬自由といった実力派が名を連ねる。

また、前回公演『美談殺人』に引き続き、目の見えないお客様や耳の聞こえないお客様に向けて、対象公演にて、鑑賞サポートを行う。

 

★バリアフリーへの取り組み
対象公演:7月22日(金)19時公演・7月23日(土)14時公演
バリアフリーサポート:NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)/Palabra株式会社
舞台手話通訳:田中結夏(TA-net)
字幕・音声ガイド制作:Palabra
音声ガイドナレーション:持丸あい

〈舞台手話通訳〉
通訳者が舞台向かって左手で、演劇の進行に合わせて手話通訳を行う。
〈受付における手話対応〉
手話対応が可能なスタッフを受付に1人、客席内に1人の計2人配置。
〈劇中主要手話表現の動画公開〉
登場人物の名前の表し方などを紹介した動画を公開。
※参考:タカハ劇団「美談殺人」サインネーム紹介(動画)https://youtu.be/EC75Wnyc-Po
〈字幕タブレットの貸し出し〉
劇中の台詞に加え、効果音や音楽などの情報が入った字幕をタブレットに表示。
〈池袋駅までの送迎〉
視覚障害など単独でのご来場が難しい方の、池袋駅から劇場内の移動をサポート。
〈事前舞台説明会〉
開演前に登場人物や衣裳・舞台セットの様子などを言葉で解説。
※参考:「美談殺人」事前舞台説明会(動画)https://youtu.be/6DIBOldWtr8
〈音声ガイド〉NEW!
台詞ではわからない舞台上の動き、演出を音声で解説。機器を貸し出し、イヤホンから聞く。

※7月23日(土)14時公演終了後、ロビーにて意見交換会を実施します。
鑑賞サポートつき公演をご覧になった方はどなたでもご参加できます。

※7月20日(水)ゲネプロにて、メディアや劇団関係者の方に向けた鑑賞サポートの体験・説明会を実施します。
ご希望の方は下記よりお問い合わせください。
ご予約・お問い合わせ:Palabra(パラブラ)株式会社(平日10:00~19:00)
TEL:03-5937-2231 FAX:03-5937-2233 Mail:event@palabra-i.co.jp

●あらすじ
進路に悩む美大生、僚太、朝利、板垣。
三人はひょんなことから、1908年のウィーンにタイムスリップしてしまう。
そこで彼らが出会ったのは、ウィーン美術アカデミーの受験を控えた青年、アドルフ・ヒトラー。
彼らは未来を変えるため、ヒトラーの受験をサポートすることに。
けれどヒトラーにはまったく絵の才能がなくて――
果たして三人は、ヒトラーを独裁者でなく画家にすることにできるのか?!
人類の未来をかけた絵画レッスンが始まる。

●高羽彩 コメント

 


芸術を愛する人はいい人だ、となんとなく思ってしまうのは私自身が芸術に親しみを感じているからなんでしょうが、当然、芸術を愛する人にも悪人はいる訳で(もちろん私自身も善人などではなく)。演劇にせよその他芸術にせよそれを作り出すのはいつだって人間のはずなのに、なぜその芸術を愛する人々が時に人をひどく傷つけてしまうのでしょうか。
「芸のためなら女房も泣かす」なんて古い言葉が示すように、時に芸術の価値は人間より上位に置かれることがあり、その価値の逆転が何によってもたらされるのかずっと不思議でした。
今作では、芸術が人間を動かす恐ろしく強大な力とその限界について思い馳せました。そして、コロナ禍で活動の場を奪われてしまった学生たちにも思いをはせ、劇中では彼らに、歴史の当事者になってもらうことにしました。今まさに煌めいている彼らの才能と、舞台上で渦巻く虚構と現実を、是非劇場で目撃してください。

●タカハ劇団とは
高羽彩が脚本・演出・主宰をつとめるプロデュースユニット。2005年、早稲田大学にて旗揚げし、大学内外より高い評価を得る。日常に普遍的に存在しているちいさな絶望や、どんな壮絶な状況でも変わることのない人間の些細なあり方、生き方を笑い飛ばしながらすくい取る、リリカルでクールな作風が特徴。

高羽彩プロフィール
早稲田大学卒業。早稲田大学の学生劇団「てあとろ50`」を経て2004年に個人演劇ユニット『タカハ劇団』を旗揚げ、主宰・脚本・演出を手掛ける。緻密な構成と生々しくチープでありながら何処か叙情的な言語感覚が旗揚げ当初から高い評価を得る。第4回で初の学外公演、5年目にして座・高円寺演劇村フェスティバルに参加。2010年 紀伊國屋ホール『僕等のチカラで世界があと何回救えたか』(演出:青木豪)脚本、2013年 神奈川芸術劇場『耳なし芳一』(演出:宮本亜門)脚本、2013年芸劇eyesでは新時代の5人の女性劇作家に選出される。2019年『魔法使いの嫁』脚本・演出、2020年『魔法使いの嫁~老いた竜と猫の国~』脚本・演出、2021年『息子の証明』脚色・演出。近年はアニメ・実写ドラマ・ゲームシナリオとジャンルを問わず活躍の場を広げている。主な脚本作品にアニメ『魔法使いの嫁』、ゲーム『takt op.』、ドラマ『ここは今から倫理です。』など。

 

●公演情報
タカハ劇団 第18回公演「ヒトラーを画家にする話」
脚本・演出:高羽彩
出演:名村辰 芳村宗治郎 渡邉蒼 犬飼直紀 川野快晴 山崎光 重松文 異儀田夏葉 砂田桃子 結城洋平 柿丸美智恵 / 金子清文 有馬自由
日程:2022年7月20日(水)~24日(日)
会場:東京芸術劇場 シアターイースト
チケット一般発売:2022年6月11日(土)10時~
HP:http://takaha-gekidan.net/
お問合せ:info@takaha-gekidan.net
主催:タカハ劇団

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社momocan >
  3. 高羽彩 主宰・タカハ劇団 第18回公演『ヒトラーを画家にする話』充実の鑑賞サポートを実施