みなと環境にやさしい事業者会議主催「企業と環境展2022~楽しく学べる環境イベント~」で鮎川詢裕子代表理事が講演しました

生命が継がれ続ける「Regeneration of Life」をビジョンに掲げ、様々な活動を行う一般社団法人ワンジェネレーション(所在地・東京都中央区、代表理事・鮎川詢裕子、久保田あや、以下ワンジェネレーション)は、11月11日にみなと環境にやさしい事業者会議(野澤靖弘会長/港区副区長、以下mecc)主催の「企業と環境展2022~楽しく学べる環境イベント~」にお招きいただき、鮎川詢裕子代表理事が「DRAWDOWN(ドローダウン)地球温暖化を逆転させる100の方法(以下ドローダウン)」と題する講演を行いました。

年に一回mecc会員事業者を対象に開催されている同展は、ここから会員事業者による環境事業や取り組みを発信し、これからの環境のあり方を展望する機会を目的として3日間にわたって開催されました。

リアルとウェブのハイブリッドで開催された特別講演に登壇した鮎川代表理事は、温暖化の逆転の可能性を示し、私たち一人ひとりが重要な役割を果たすことができることや、解決のための根源的なアプローチが記された「Regeneration リジェネレーション[再生]気候危機を今の世代で終わらせる」(以下「リジェネレーション」)を紹介しました。ここには企業、個人に関わらず身近に“できること”が盛り込まれており、行動につながるきっかけを得る可能性が高いことを解説しました。

また、ワンジェネレーションの活動の一環に、小中学校をはじめとする教育機関にドローダウンとリジェネレーションの寄贈や、それらを元にした出前授業がありますが、港区へはいち早く2022年10月に、区教育委員会を通して区立図書館及び小・中学校図書館へ、合計68冊を寄付したご縁があることへの感謝を述べました。

講演終了後の質疑応答などを通して、「環境への取り組みを熱心に行っている企業でも、解決策があることを知らなかった、といったお話しを受け、ドローダウンとリジェネレーションからインパクトを受け取ってくださったことに感謝したい」と鮎川代表理事は語りました。

■「企業と環境展2022~楽しく学べる環境イベント~」概要
日時:11月11日(金)~13日(日)
会場:東京ポートシティ竹芝、まちづくりプラザ
主催:みなと環境にやさしい事業者会議 http://mecc-minato.net/
 

▲講演する鮎川代表理事▲講演する鮎川代表理事

 

▲会場ではmecc会員事業者の様々な活動が紹介された▲会場ではmecc会員事業者の様々な活動が紹介された



■一般社団法人ワンジェネレーションについて
設立日:2022年3月9日
所在地:東京都中央区銀座6-6-1 5階
代表理事:鮎川詢裕子 久保田あや アドバイザー:ポール・ホーケン
ウェブサイト: https://onegeneration.jp/
活動内容:
生命が継がれ続ける「Regeneration of Life」をビジョンとし、温暖化逆転、気候危機を私たちの世代で終わらせるための意識のシフトと、人と社会のウェルビーイングのための活動をしています。
個人・集団・地域など、多様な存在がひとつになって、自然のしくみと調和がとれ、全ての生命が生かし合う世界を創り出すための活動を行っています。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人ワンジェネレーション >
  3. みなと環境にやさしい事業者会議主催「企業と環境展2022~楽しく学べる環境イベント~」で鮎川詢裕子代表理事が講演しました